鉄人の大学入試英語攻略法7<英語は外国語だ>

画像
最近よく思う事ですが、どうも英語を日本語をベースにして考え、英語を英語として考えないために間違いをする塾生が多いようです。もちろん我々は日本人ですから、英語を読んだり書いたりする場合も日本語の影響がでてしまうのは仕方のないことですが、「英語は日本語とは違う」という意識がどうも希薄になってきているようです。

例えば、学生の英語の発音が年々ひどくなってきています。講習中もそうだったのですが、高校1年生の英語のクラスで「ヒャード(heard )」、「ドン(done)」、「セイド(said)」のような変な発音を耳にしました。

その度正確な発音を教えるのですが、この変な発音はどうもテレビの影響のようです。NHK のアナウンサーまでが、「(ア)ドバイス」のように「ア」に強勢(アクセント)を置いて発音したり(実際は adv(i)ce のように i に強勢が置かれる)、「タレント」のようにどこにも強勢を置かない発音をしたりしますので、それをいやというほど耳にしている学生たちの発音も変になるのは当然のことでしょう。

特にアクセントには無関心なようです。受験生のクラスでセンター攻略授業をした時のことですが、授業で正確な発音を聴かせてもどこにアクセントがあるのか気がつかない塾生が多々いました。

私は授業中に自分の失敗談をよくします。高校2年生のクラスでは「アメリカにいた時にアメ車を指差して、Is that carジャガー?(あの車はジャガーなの?)とアメリカ人の友達に聞いたら、ポカンとされてね。

ジャガーは向こうではジャギュアって発音するのを初めて知ったよ。」とか、「学食でケチャップが欲しくて、Can I have ケ(チャ)ップ? と10回ほど繰り返したが通じなかったね。向うでは (ke)chup と keにアクセントを置くらしい」のように発音、アクセントの重要性を説明しました。

また、英語の授業はどの学年も毎回「ひたすら暗記」の英文を毎回音読してから始めることにしています。大学入試センター試験をはじめ多く私大で発音問題は頻出ですが、出題者はこの「日本人の弱点」をついてきます。英語を家庭で学習する際にも常に文章を音読して欲しいです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


また、英文を訳す場合に直訳ですまそうとしたり、1単語イコール1意味と考えがちなのも日本人の悪い癖です。

春期講習の授業中、塾生達をリラックスさせるためにこんな冗談話をしました。「君達は How are you? という質問にどう答える?I'm fire, thank you.が万全の答えだと思ったらそれは間違いだ。そう答えたらおかしい場合もあるんだよ。

例えば、商社マンの M氏がニューヨークに出張中に胃潰瘍で倒れた。すぐさま病院に担ぎ込まれたが、心配した医者が How are you?「大丈夫ですか?」と声をかけたところ、M氏は自分の学生時代に鍛え上げた英語力を活かし、I'm fine, thank you. And you? 「元気です。あなたは?」と答えたそうだ。君達はこの反応をどう思う?」

英語は外国語ですから、形の上で違うだけでなく、発音の仕方もアクセントの位置も日本語からは類推できません。表現方法や考え方もそうです。違う文化圏の言葉ですから我々日本人の考え方の全てが認められるわけではありません。

そこで、遠回りに思えるかもしれませんが、「英語は外国語だ」という意識を強く持ち、つまった際にはかってな判断をせず、必ず辞書や先生に頼るようにした方が良いでしょう。「急がば廻れ」です。基本でつまずくと、英語は「外国語(異質の言葉)」ですから、異質なものに敵対心を持ちがちな日本人は英語を大嫌いになり、「どーせ僕は/私は日本人だし」と負け惜しみを言うことになってしまいます。

私は学科としてではなく、文化を含む言葉として「英語が好きだ」という気持ちを持ってもらいたいと常に思いながら、これからも英語の授業を続けていきたいです。

鉄人

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング



「ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。資料請求はお気軽に。(出版部より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック