酸化

画像
こんにちは、岩野です。

先日、中学生の理科の授業で酸化の勉強をしました。
酸化とは、物質が酸素と化合して(結び付いて)酸化物をつくる化学反応のことです。
身近な反応としては、金属では鉄がさびたり、ピカピカだった10円玉がくすんでしまうのが酸化です。
急激な酸化反応として、炭が燃えたり、アルコールランプが燃えるのもそうです。
どちらも空気中の酸素と反応して起こります。

酸化すると金属は酸化鉄や酸化銅に変化し、元の金属とは別の性質を示します。
酸化鉄は磁石に引き寄せられなくなり、電気も流さなくなります。
炭やアルコールは燃えると、炭素や水素が酸素と結びついて二酸化炭素や水になります。
燃える際には光と熱が出てきます。
どちらも光エネルギーや熱エネルギーというかたちでエネルギーが出てきています。

実は、酸化とは昔からあるエネルギーの取り出し方だったのです。
私達は毎日、呼吸をしています。
呼吸によって酸素を取り込み、それを全身の細胞に送り、酸化させてエネルギーを取り出し、体内でできた酸化物の二酸化炭素を、また呼吸によって体の外に出しています。
これも一つの酸化によるエネルギーの取り出し方だったのです。
なので、エネルギーをよく使う時には、より酸化ができるように呼吸が速くなるのですね。


人間の体が暖かいのは酸化によって出てきたエネルギーのおかげなのですね。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック