甲運せんべい<お店紹介>

画像

今日のお店紹介は、幸運なおせんべい屋さんです。

その名も甲運せんべいさん。
お店の位置は、尾久八幡中学校の近くで、都電通りの宮ノ前駅の近くから少し奥に入ったところにあります。周辺の道は狭く、路地裏にあるお煎餅屋さんです。

名前の由来は地名。
今は甲運村という名前はなくなってしまったそうなのですが、甲運せんべいさんでは、昔からの美味しい煎餅を絶やすことなく作っています。

甲運せんべいさんのおばあさまによると、
「もう戦前のときなんだけど、甲運村という今の山梨県甲府市に煎餅職人がいて、うちの主人もその甲運村の煎餅職人のところで修行したの。」
とお話してくれました。
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

お弟子さんはいるのですか、と聞いてみたところ、
「うちにはいないけど、(元祖)甲運せんべいには、うちの主人以外にもたくさんお弟子さんはいたんだけど」
と教えていただきました。

そして、
「昔は、たくさん元祖甲運せんべいさんの流れを継いだ甲運せんべいがあったけど、今じゃうちだけかな」と。

画像


おせんべいはコタツでみかんとおせんべいが並んでるイメージのように、甲運せんべいさんのおばあさまのお話では、冬に需要があるそうです。また、湿気に弱いので、その意味でもやはり冬が良いのかもしれません。
そのため、これから梅雨の時期に入り、まさに湿気の季節になってしまうので、おせんべいには辛い季節ですね。

もし、しけってしまったら、あきらめてそのまま食べなくてはいけないのかと思っていましたが、
「レンジで少し温めてみたら」とおばあさま。
出しっぱなしでは、すぐにしけってしまいます。
箱などにしまっておいても、やはり、しけってしまいます。
そこで、「冷蔵庫で保存するのもいいかも」というアドバイスをしてもらいました。

しかし、なんでもそうですが、すぐ食べるのが一番おいしいですよね。
おせんべいも、独り占めせず、みんなで食べると残らないし、ワイワイ食べればより一層おいしいですしね。

食べる時の敵は湿気ですが、作る時の敵も湿気だそうです。
その日の気温や湿度に合わせて、調合を変えておいしいおせんべいを作っていますが、
やはり、湿気が多い日はおせんべいが割れてしまうそうです。
割れてしまったおせんべいは、お店では売りません。
もちろん、捨てもしません。
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

甲運せんべいさんでは、店頭販売以外にも上野や浅草などのお店にもおせんべいを卸しています。その際、割れたせんべいなどをひとまとめにして、久助として渡すそうです。

店頭には毎日その日出来たおせんべいが並んでいます。
全てが手作りなので、コンビニなどで売っているおせんべいのように一枚一枚袋に入っているわけではなく、ケーキ屋さんのように種類ごとに仕切られたケースにお煎餅が並んでいます。
おせんべいを毎日朝4時から隣接している工場で手作りで作っています。

これからの時期はおせんべいにとっては厳しい時期ですが、コーヒーよりお茶の自分にとっては一年中なくてはならないものの一つです。


塩崎

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック