ちょっといい話58<自分の型をつくろう・ある父様との面談>

画像


部活がきついから塾に行きたくない。疲れたから休みたい。よくある話です。もちろんこちらの授業に対する反省が先に立つわけですが。中学生のあるお父様とお話をする気かがありました。

中学になって部活が始まった。学校から帰って疲れてしまって寝てしまう。塾を休んでしまう。部活を始める前に、勉強と部活を両立すると話しあって始めたはずなのになかなか出来ていない。しかし部活をやっているのは自分だけではないだろという話になりました。

親御さんとしては部活が始まる前まではちゃんと行けていたのにとなるわけです。ここで部活を優先するのか勉強を優先するのか、両立を目指すかはご家庭の判断によります。しかし多くの保護者様は両立を目指されています。

確かに部活によっては毎日あるところがありますのでまだ体力的についていない場合きついことは確かですね。それを通り越すと習慣になってきますので先輩のようにこなせるわけです。しかし多くの場合、体力的に無理となると部活を優先していく傾向もあります。

今回のお父様は一貫した姿勢がありました。部活と勉強なら勉強が優先だ。勉強がおろそかになるなら部活を塾の曜日は休みなさい。部活をやるなら時間に遅れてもいいから塾に行きなさいという方針を私の前で本人に確認をされました。

このいい切りが非常に大切なのです。ご家庭の方針はこうと言い切る。そのなかでやれということで本人もそのルールで生活をするといった姿勢が身に付くのです。

志学ゼミでは授業時間以外の補習は無料で25年間行っています。また試験前の学校別、試験対策は当たり前です。休んだ場合、土曜日の午後を含め空いている時間に補習を行っています。

お父様も中学時代塾に通われた経験をお持ちでした。部活をしながらフーフー言いながらも頑張ったという経験をお持ちでした。そうなんどよなあ。「一つやり抜いたというものがあると次もやってみようかと思えるんだよな」「次もできそうな感じがするもんなあ」とご自分の経験からお話をされました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


「将来何になりたい?」
「○○になりたい。だから○○高校に行きたい」
「すごいじゃない」

お子さんには将来なりたいものがあります。これは非常に大切なことです。勉強は成績を単に上げるためではモチベーションは上がりません。何点取ったから○○を買ってやるということもよく聞きますが(ご家庭の自由です)、一時的なもので終わってしまうことが多いようです。次のものを要求されますね。

そうなんだよね。自分が将来やってみたいことがあることは大切なことなんだね。そのための勉強なんだね。
お子さんも気がついたようでした。

そこでお父さんとの約束をしようということになりました。私も聞いておくからね。と立ち会う形となりました。そうして本人の言葉で再度部活と勉強の両立。疲れていても自分に負けずに塾も頑張るという発言が出てきました。

ではお母さんにも同じことを言える?と確認した後、今週休んだ分はどうするのと質問をしました。今日やっていいですかとすぐ返答してくれました。

イチローは毎日、同じ時間に同じことをやろうと心掛け、他の選手よりも2時間早く球場に来て入念にストレッチをし
準備に時間をかけるそうです。「自分の型を作ること」この繰り返しの中で彼は世界記録を塗り替えたのです。

部活が終わる、帰宅する、塾に行く。これも一つの型です。その繰り返しの名で学力も向上していくのです人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • イチロー 成績 成績

    Excerpt: 究極の個人主義 ... 逆に成績はイチローに及ぶべくもないが、 ヤンキースの松井などは、全身から 「いい人オーラ」 を出している。彼も才能はあるのだが、 イチローに及ばないのは、人格故であるような気.. Weblog: イチロー速報 racked: 2009-09-15 03:52