ヤンキー先生

画像
こんにちは。志学ゼミ学生講師の高橋です。
先週の日曜日に私は友人に誘っていただいて、ヤンキー先生で有名な義家弘介さんの講演会に出席してきました。
主催は学生シンクネットという学生団体で、会場は日本医科歯科大学の小さな会議室で行われました。
そのために、講演会に出席した学生は10人程度と、とても小規模であるために義家先生との距離が非常に近いという環境で、講演を聴くことが出来ました。

講演のテーマ「教育格差と経済格差」というものでしたが、実際に話して下さった内容は違うもので、現在の教育制度の欠点、そしてその状態がなぜ起きているのか?という話題と、政治の現状などでした。

その中で、私が最も心に残った話を今回ご紹介させていただきます。

義家先生は、現在の経済不況の解決方法について、話している際に以下のような内容をお話してくださいました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング



「日本の不況を解決するためには、若い世代を社会に入れなければならない。現在の日本の社会は企業のトップの人々が、自分の生活を守るために若い世代を切捨て、新たに参入しようとしている若い世代を受け入れようとしていない。私たち大人(先輩)が犯した失敗の責任を若い人々に課している。(中略)。日本の未来を救うためにはまずは、日本を好きになって日本の良いところ、日本にしか出来ないところを見つけていく必要がある。日本にしか出来ないことはなにかと言ったら、それは発達した技術だ。例えば、新幹線やリニアモーターカーの技術は世界一と言える。その技術を世界に広めていけば新たな資源が出来て、日本の景気は回復していくはずだ。最近でも、シカゴで日本の新幹線技術を導入する話が出ているけど、それなんてまさに良い例だね。今後、日本のリニアモーターカーがシルクロードを横断したら凄くない?あとは新幹線がアメリカ大陸を横断しても凄いよね。以下略。」

というような話をしている中で、私は義家さんが大きな夢をまるで子どものように恥ずかしげも無く言っていた姿に感動しました。

私の場合ですと、将来の目標である教師と言う仕事に就いて、子どもたちに「夢や目標を持て。」と言うときがくると思います。また、教師として出なくとも一人の大人として、子どもたちに夢を持ってほしいと思うのは当たり前と思っていたのですが、それを言う私たちが夢を持ってなくてはいけないという思いに変わりました。

しかも、義家さんのようにでっかい夢を語れる大人になりたいと思うようにもなりました。

私自身、現在の夢は教師になることですが、よりでっかい夢を持てる大きな人間になれるようにしていきたいと思いました。
長くなりましたが、ありがとうございます。

高橋

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック