九州屋<お店紹介>

画像

長い休みのシルバーウィークも終わり、2学期や大学では後期が本格的に始まったという印象もあるかと思います。
最近は、夜気温が下がり、少し肌寒くも感じます。
気温差が大きいと、おでんがよく売れるそうです。

今日のお店紹介は「九州屋」さん。
寒くなってきたら、やはり、体が温まるお鍋。
これからどんどんお鍋が食べたくなる季節ですよね。

九州屋さんは、尾久銀座商店街のちょうど真ん中あたりにお店があります。
看板には「おでん材料製造販売」と書いてあります。

おでん自体もお店で作って売っております。
また、おでん液も売っているので、液とおでん種を買って家で自分なりのおでんを作るのもいいかもしれません。
私がお邪魔した時もサラリーマン風の方がおでんを購入していました。
とはいえ、今日の私は、いろいろな蒲鉾(かまぼこ)を購入しました。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


蒲鉾と言うと、紅白の蒲鉾がすぐ思い出されるのですが、種類はたくさんあります。

蒲鉾(かまぼこ)とは、
白身の魚のすり身に調味料を加えて練り、蒸し煮あるいはあぶり焼きした食品。
長方形の板に材料を半月形に盛り上げる板付きかまぼことすることが多いが、板を用いないものもある。古くは細い竹を芯にして筒形に塗りつけ、その形がガマの穂に似るところからこの名がついた。
大辞泉より

ということなので、
おでんの中でぷかぷか浮かんでいるはんぺんやイカの甘みがおいしいイカ巻き
そして、おでんの中で人気の上位に入ってくるであろう さつま揚げなどなど
名前は違っても、魚をすりつぶして味付けをし、蒸、焼、揚などをした食品が
「かまぼこ」だそうです。

実際、お店には、数十種類の蒲鉾が並んでおり、もちろん、全て手作りで作られています。

なんと、ご主人は蒲鉾職人歴50年以上!!
かまぼこはすべて手作り。
蒲鉾の板付けの作業は今ではできる人が大変少なくなってきているそうで、
揚げ物を揚げるだけでも長年の勘とコツを必要とし、
普通の人にはなかなかまねできない技が秘められています。
正にプロです。そのプロが作る蒲鉾。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。
こちらもよろしく↓

学習塾ブログランキング


私がお店にお邪魔した時もお店の奥ではご主人が大きな塊のすり身から一つずつ形を整えていました。
上記の写真は、今日の夜ごはんのおかずでいただいたのですが、チーズ巻き揚や餅巻き揚から基本中の基本の大判揚げもいただきました。
どれもおいしかったです。

みなさんも、九州屋さんの蒲鉾やおでんを、ぜひお試しあれ。


塩崎


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック