ちょっといい話65<小さな約束>

画像
小学生のEくんが土曜日にやってきました。彼は土曜日に野球を習っているために金曜日に来ています。曜日以外に来てもいい塾ですから問題はないのですが、どうしたの?と聞いてみると・・・

土日は野球を習っているのですがよほど好きなんでしょうね。朝6時からなんですが起こしたことがないんです。面接のときにお母様がこうおっしゃいました。

ですから「今日は、野球じゃあなかったの?」と尋ねると「お母さんと約束をしたんです。」といきなり話し始めました。

野球をやる代わりに学校のテストが悪かったら野球を休んでテストのやり直しをするということなのです。ですからEくんはそのテストを持ってきて今日ははやり直しをするというのです。

そうなんだ。えらいね。約束を守ったんだ。大事なことだね。

それから間違えたところを解きなおし、そして再度テストの回答欄を修正液で消したあと再度やり直してもらいました。そのときのEくんの素直な表情が印象的でした。

自分の好きなことをやりたい、やりたいことをやりたいということは自己主張として大切なことです。しかし何でもかんでも自分の思うようにはなりません。Eくんはお母さんとルールを決めたのですね。

これをこうしなさい、ああしなさいでは子供の反発を呼びます。この素直な表情が出るのはやはりお母様とお子さんの間でのコミュヌケーションがよく取れている証拠だと思います。話あって納得した後の決めごとというのは大きいですね。

これが説得ですとこうはならなかったと思います。やらされているといやいやが出るからです。

これは自由という言葉に置き換えてみるとよくわかります。何をしても自由だと中学から高校になったとたんに服装や容姿に自由さを求めて何をしえても自由だと錯覚してしまう諸君を見かけます。

自由を主張するにはやはり自立が前提です。自分の行動に自分で責任を持つことですね。そのためには自分を律する自律が必要なのですね。

それは自分との小さな約束なのです。この約束の積み重ねが自分を律して、その目標を目指すことができるのです。

塾長


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック