鉄人の大学入試英語攻略法NO38<リスニングはどうやったらスコアが上がるの?>

画像
受験生の皆さん頑張ってますね。鉄人です。今日は鉄人の大学入試英語攻略法NO38リスニングはどうやったらスコアが上がるの?です。

受験生は夏休み中(お盆も含めて)から秋の努力が花開き、英語のセンター模試(筆記)では、受験生のほぼ全員が目標点をクリアしました。

筆記試験に慣れ、ある程度自信がついてきた受験生からは「筆記はこのまま努力を続けて行けば、何とか最終目標をクリア出来そうなんですが、リスニングを伸ばすにはどうしたら良いですか?」という質問をよくされるようになって来ました。

リスニングの授業は、毎日30分間程の演習を解説付きで行いましたが、筆記とは違い、解き方やテクニックを伝授してはいません。そのため、「ただ、ひたすら練習しているだけでリスニング力が上がるだろうか?」という疑問が湧くのも当然かもしれません。受験生達と以下のようなやりとりをしました。

Wさん:リスニングって、どうやったら上がるんですか?
私:聴き続けることにつきるね。

Wさん:ただリスニングの授業で聴いているだけで良いのですか?
私:そうだよ。リスニングの授業は毎回行うから、受験までにはかなりの数を聴くことになる。実際、去年リスニングで高得点をとった先輩達もリスニングの授業に出席しただけで、模試で40/50以上は取れていたからね。

Wさん:でも、A君やI君はリスニングの授業に遅れてくる時もあるのに、高得点を取りますよね。
私:A君の場合は、学校でリスニングの強化授業があるし、I君は洋楽をよく聴いているみたいだからね。

Wさん:えっ、洋楽を聴くだけで良いんですか?
私:そう、とにかくリスニング力アップには英語を聴くこと。洋楽でも問題はないよ。ただし、曲を日本語訳して内容をおさえた上で聴くと良いだろうね。I君、そうだよね。
I君:最近、マイケル=ジャクソンが他界したじゃないですか。この間の模試では直前にマイケルの Thriller「スリラー」を聞いていました。

Wさん:へえ、私、マイケルは好きじゃないけど、他の洋楽でも良いんですよね?
私:良いよ。ただ、歌詞が分かり易いのが良いだろうね。しかし、もちろん、リスニングの授業には遅れないようにして欲しい。諺の「チリも積もれば山となる」じゃないけど、毎回出席していれば、かなりの分量の英語を耳にするし、解説つきだから、リスニング力は必ずアップする。
Wさん:分かりました。
 
リスニング力アップのために予備校流のテクニックを推奨する人もいますが、私はあくまで「ひたすら聴く」ことを受験生に勧めます。

テクニックを使って得点を上げる可能性がないとは言いませんが、本当の意味でのリスニングが出来なくなります。

リスニングには英語で話された内容を頭の中でまとめる「要約力」が必要です。この「要約力」はリスニングのみならず、「筆記」のスコアアップにもつながりますので、受験生には「ひたすら聴いて、内容をまとめる」訓練をさせて行くつもりです。受験生の諸君、用事があったり、眠かったりしても、リスニングの授業には遅れないようにしましょう。

鉄人

「ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて紀伊国屋書店をはじめ全国書店で好評発売中。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック