アサーション

画像

こんにちは。志学ゼミ学生講師の高橋です。

今週になり、気温が急に下がり、肌寒い日が続いていますね。私も今週になってようやくマフラーを巻くようになりました。皆さんも寒さに備えて暖かい格好をしてください。

さて、私が最近友達に進められて読んだ本があるので紹介したいと思います。
本の名前は「アサーショントレーニング」というものです。

アサーショントレーニングと言うのは、コミュニケーションの方法の一つのことで、自分と相手の人権(アサーティブ権)を尊重した上で、自分の意見や気持ちをその場に適切な言い方で表現できるようにするトレーニングのことです。

アサーション(assertion)は、主張・断言などと和訳されますが、日本語としては少し強い表現という印象があるためアサーションの本来の意味にそぐわず、アサーションと和訳せずに言ったり、「(さわやかな)自己表現」といったりしています。

アサーションを自分なりに簡単に説明しますと、

「相手の気持ちを配慮しながら自分自身の考えを相手に理解してもらえるように伝える。」

と言うことです。

例えば、掃除当番なのに掃除をしに来なかったAくん(中学生)に対して、同じ場所の掃除当番のB君が翌日、Aくんに対して「何で昨日、掃除をサボったの?」と聞くのか、「昨日、掃除の場所に来なかったね。何かあったの?」と聞くかどうかの違いです。

皆さんがAくん(掃除をしなかった生徒)の立場だったら、どちらの方が傷付きませんか?ほとんどの方は後者の方を選ぶと思います。

もしかしたら、Aくんが先生に呼ばれてて、掃除の場所に行きたくても行けなかった状況だったのかもしれません。

さらに、「昨日はAくんが来なかったから、一人で掃除をして大変だったよ。今日はちゃんと来れる?」といった具合に、相手の気持ちを考えながらも自分の考えや主張を相手に伝えていくのがアサーションです。

このように、相手の気持ちを汲み取りながら、自分の主張をしていくと、相手も自分のことを理解してくれます。そうすると、自分自身も気持ちがすっきりしていくのです。

皆さんも、ぜひアサーショントレーニングを実践してみてください!

ありがとうございます。

高橋


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック