赤本の解き方

画像
こんにちは。志学ゼミ学生講師の高橋です。

早いもので大学入試センター試験から1週間が経ちました。大学受験も残すは一般試験のみです。今日も受験に行っている生徒がいます。もう一般試験は始まっているのです。残っている人たちは受験に行っている人が上手くいっていることを祈っていて下さい。周囲の人への行いは必ず自分にまわってきます。みんなでみんなの合格を願い努力していきましょう

高校受験生では、今日合格を頂いて来た生徒がいました。おめでとう

志学ゼミの受験生達は毎日のように赤本(過去問)を解いて、その年度ごとの点数を出し、自分はあと何点で合格出来るのか。または、何点合格を上回っているのかを報告してきてくれます。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


確かに、赤本を沢山解いてその大学ごとの出題傾向をしっかりと把握し、問題に慣れていくことはとても重要なことです。しかし、それだけではいけません。その大学の過去問を解いた後にしっかりと見直しをして次にその問題が出たら、満点が取れるようにしていかなくてはいけません。これをしっかりと行っているかいないかで実力が変わってきます。

その年の問題は周りの大学と似たようなテーマが出ることがあります。それはなぜかと言うと、大学の教員が問題を作る際に意識的かどうか分かりませんが、その年に起きた出来事に影響されているからです。

私が高校3年生の時(2006年度入試)では、建築会社の耐震偽造事件が多くはっかくしていました。そして、その年のセンター試験では建築にかかわる問題が出題され、私立大学の一般試験においても建築に関する問題が例年と比べて多く出題しました。

確かに過去問では今年の傾向はつかめませんが、その問題しか出ないというわけではありません。また、他の大学の問題と似ている問題が数年たって出題されるということもあり得ます。

なので、赤本を解きっぱなしにはせずにしっかりと見直しをしていきましょう。しかし、その際にも見直しをする時間をしっかりと決めて計画的に行って行きましょう!!!

ありがとう

高橋

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック