夕日

画像

こんにちは、岩野です。

ある方からこんな質問がありました。
「夕日はどうしてオレンジ色なの?」

たしかに夕日はオレンジ色です。
そして、お昼などの太陽が高いところにあるときは、太陽は白っぽく輝いて見えます。
見える色が違いますね。

太陽が弱くなって色が変わるわけではありません。
目に届く光が違うのでした。

太陽はもともといろんな色の光を出しています。
太陽の光を分解する現象の虹を思い出していただければ分かりやすいでしょう。
虹にはいろんな色がありますよね。
きっちり7色になっているのではなく、グラデーションになっているので、いろんな色が合わさっているのが分かります。
昼間の太陽の光が白っぽいのは、光の三原色(赤、青、緑)を合わせると白い光になるのと一緒で、いろんな色が合わさってできています。

もともと太陽はいろんな色の光を出しているのでした。
しかし、夕日になるとオレンジ色っぽくなります。
赤やオレンジの色は目に届くけど、他の色は届きにくくなっているのです。

ここでもう一度、虹を思い出して下さい。
虹は空気中の水滴に太陽の光が当たって分解されてできています。
なんで太陽の白い光が分解できるのでしょう?
じつは、太陽の光が水滴に当たったときに水滴の内部で光の屈折がおきているのです。
そのときに、光の色によって屈折率(曲がる度合い)に違いがあり、色が分解されます。
赤やオレンジは他の紫や青や緑よりも曲がりにくいという性質があります。

夕日がオレンジ色なのは、白い光が空気を通過するうちに紫、青、緑などの色が曲がってしまい、届くのが曲がりにくい赤やオレンジの色だったからなのですね。

ちなみに空が青いのは、曲がりやすい青い光が目に届くからです。
つまり空が青いぶんだけ、どこかの太陽はオレンジ色になっているのですね。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック