今はは大学入試即答の季節です

画像
鉄人です。2月に入りました。毎日のように塾生が入試問題を持ち帰ってきます。今日受けた点数が知りたいのです。毎日、即答をして点数を知らせて解説をするのが私の業務です。

今日はできてくれたらいいなあと思いながら採点をしてみますと、やはり個性が出ます。やはりAくんはここを選んだか。やっぱりなあと思いながらこれはこうだろうと思う自分を押さえながらつけていきます。

私は感情は挟みませんからこの子は、この場合は合格、そうでないと難しいと割り切ってしまうことが多いのです。理屈でものをいうタイプですから冷たく感じるかもしれませんが、私にはできたかできないか、そして次をどうするかなのです。

ただその日できなかった問題を押さえておかないと次の試験にも出る可能性がありますので、試験が終わったら問題を持ってくるようにと言ってあります。生徒諸君も即答をしてもらいたくてくるわけですから、この時期は入試問題に囲まれています。

その子、その子によってここには強いけれど、あそこはだめという場合があります。マークはいいけれど記述は難しいとか。マークの問題が多いと難しいとか。赤本をやって受験校を最終的に絞ってきたわけです。ですから偏差値だけでは決められないのです。

明治と中央はまったく違いますし、早稲田と慶応もそうですね。赤本での傾向と対策は必要です。その上で具体的に何をすべきかはもちろん指示をしていますが、君は○○大はあっているとか、難しいねという話はしっかりと伝えます。

最近、各学校の統一試験が増えてきました。センターよりすこし難しめ、一般入試よりは点数は取りやすい。その分高得点勝負ですね。この統一をうまく利用することがその後の試験を楽にできます。

明治と法政が同じ日に統一試験をぶつけてきました。発表後の入学手続きが明治の方が圧倒的に遅くまで待ってくれる所からか明治人気ですね。

最近の傾向としては、センターもそうですがTOEICを意識しているような問題が増えているということが言えます。
つまり語彙の問題はべつとして読解は単に単語を知っていればできるというものではなく、読解力を要求している問題が増えてきているということです。

いずれにしろ英語は国語の力だということをよく話すのです。解釈です。ここを見誤っている諸君が非常に多いのが気になります。単語熟語を覚えることは大切ですが、それだけでは解決にはならないのです。

鉄人

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック