パリットフワット<お店紹介>

画像

先週は、寒い日が続きましたが、今週はいっきに暖かくなったという印象です。
ポカポカ暖かい日ってなんだか幸せになりますよね。
しかし、春は嫌いという人も多いみたいで、花粉症の知人もこの季節は憂鬱になってしまう、と話していました。
幸い、私は花粉症ではないのですが、花粉症の方に迷惑をかけないよう、(見えないのですが)服をはらってから部屋に入ったりします。

今日のお店紹介は、パリットフワットさん。
文京区の千駄木にあるパン屋さんです。
安心安全にこだわっているパン屋さんです。
パン通の間では、とても有名らしくGoogleで「パリットフワット」の後にスペースを入れると「パン」と出てきたり、関連ワードに「パリットフワット 千駄木」が出てきたりします。
パンにこだわる人ならご存知なお店だそうです。

私の印象は、
パン屋さんですが、そうじゃないようなパン屋さん。
パンのようでないパン。
そして、材料にこだわるお店。
です。

「パリットフワット」さんの店内は、大人3人が入ると移動もしずらくなるくらいの大きさです。
しかし、そこには、見ただけで素材がわかるパンが所狭しとたくさん並んでいます。
まるで青果市場を凝縮したようなお店です。
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング


画像

一番上の写真はよもぎパン、玉葱パン、じゃがいもパンです。
見た目からも簡単に推測出来るのではないでしょうか。
そして、味もズシッと野菜をいただいているという思いです。

アレルギーがあるから食べ物には気をつけているという方も多いかと思います。
「パリットフワット」さんでは、お店やホームページで、このパンは卵、バターは使っていないなどの情報が載っています。お店でも、このパンには小麦粉、バター、卵が入っていて、こっちのパンには、卵は入っていませんというように、アレルギーがある方でなくても、ちゃんと何が入っているかわかります。
苦手な食品はありますが、食べられない食品はない私なので、基本的に材料は意識ぜず、味や値段が気になるので、改めて、丁寧な表示を見ると、日頃の食生活を見直してみようと反省するしだいです。

酵母は生き物で、開店当初は試行錯誤が続きお客様に迷惑をかけてしまったこともあったそうです。
しかし、安心しておいしく食べてもらえるものを作るという気持ちで、素材を生かしたパンやお菓子を丁寧に作っているそうです。
そんなこだわりから、使用する素材はもちろん、水、そして「空気もよければなぁ」と店長さん。

志学ニュースの取材で室長がお店にいった時にお土産としてもらったラスクでした。
おやつに紅茶とラスクで、朝はヨーグルトとラスクで、という生活とは程遠い私なので、
正直、ラスクは硬いパン程度にしか思っていませんでした。
しかし、「パリットフワット」さんのそれは違いました。
ラスクひとつで、素材を感じられ、ちょっとした衝撃を受けたのを覚えています。

菓子パンはよく目にしますが、総菜パンではなく野菜パンを目にすることはあまりない私。
やはりパンの世界も奥が深いのですね。

塩崎
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック