記録タイマー

画像

こんにちは、岩野です。

先日、中学生の理科で記録タイマーのことが出ていました。
テープが出ていてスイッチを入れると同じリズムでテープに点を打っていく器具です。
動く物体にテープを付けて動かすと、伸びたテープに点が打たれます。

点と点の間隔が一定であれば速さの変わらない等速運動で、点の間隔が長く(短く)なっていけば加速度運動をしていることが分かります。

コンセントにつないで点を打つだけの簡単な器具なのですが、西日本と東日本では点の打たれ方が違ってきます。
西日本では一秒間に60打点、東日本では一秒間に50打点となっています。
なぜこんな違いがあるのでしょう?

実はコンセントの周波数が関係しています。
西日本では60Hzの周波数、東日本では50Hzの周波数になっているからです。
この違いは明治時代の発電機の違いが原因です。
東日本はドイツ製の50Hzを使い始めました。
そして、西日本はアメリカ製の60Hzを使い始めたのです。
国内の周波数が統一されていないのは日本くらいです。

周波数が違うと器具の振る舞いが違ってきます。
日本の家電メーカーは大変ですね。
どちらにも対応できるものを生産しなければなりません。
家電メーカーは両方に対応できるものを生産したのですが、これが良い結果を招きました。

世界には50Hzか60Hzの国しかありません(電圧は様々ですが)。
日本製品はどちらにも周波数が対応できていたのです。
50Hzと60Hzが混在する特異な環境が世界に受け入れられる日本製品を作ったのですね。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック