ちょっといい話93<何気ないこと>

画像
身近な日常の中にふとしたことにこれはいいなと思うことがあります。それを意識しないでやっているところがいいなと思うことがあります。

何気ない行為。それも意識しないでして一るところはほほえましいものがあります。ある子は机の上の消しゴムのかすをそっと片付けたりしているのをみると嬉しいです。

そんなある日、自立クラスのSちゃんが帰るとき自分の靴を探していました。そして靴が見つかり帰ろうとした時、みんなの靴を並べ始めたのです。

並べ終わると「さようなら」と言って帰るとき「えらいね。ありがとう」と声掛けをしました。Sちゃんはちょっと照れながら「ちょっと気になったので」と言ってくれました。

実は、Sちゃんは毎回、それを行っていたのです。それも誰に何も言わないまましていたのです。私がたまたま気がついたときも黙ってしていたのです。

誰かが誰かのためにということは易しいのですが、実際にやるとなると難しいですね。それも意識しないでできることは素晴らしいと思うのです。

机の上の消しかすを手で集めてごみ箱に捨てる。この何気ない光景。なんとなくほっとします。私の好きな光景でもあります。

日常生活の中で、我々がホッとできる瞬間というのは案外こんな時かもしれませんね。勉強が分かってくれる。がんばってやりぬいてくれる。それも嬉しい。しかし、この何気ないことをしている塾生を誇りに思います。

誰かが気付く、気付かないというのは意識しているうちは駄目なんですね。気がついたからやった。それでいい。そんな行為が美しい。

現在、「洪庵のたいまつを」を小学生、中学生とともに読書ノートを読んでいます。世のため人のために生きた人生ほど美しいものはないと司馬遼太郎はその作品の中で書いています。

しかし緒方洪庵はその生涯において美しい生涯を意識して生きたかどうかというと意識はしていなかったのではないかと思います。

共通して言えることは、自分がそうしたかったからそうしたんだということなのです。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック