ハイテクな生き物

こんにちは、岩野です。

志学の帰り道、夜中の静かな時間帯、暑くて湿っぽい日は空気がとても生ぬるく感じます。
そんな日によく見かけるのが・・・

画像


ヤモリです。
志学から都電の小台駅に向かう途中、明治通りを過ぎてシャッターの下りた商店街に入ったあたりからよく見かけます。
多い日には1㎞もない道のりで6匹も見つけました。
街灯に照らされて民家の壁にペタッと張り付いている姿はシュールです。

ヤモリは漢字で「家守」と書くくらいで、家の守り神として親しまれていました。
家の壁に張り付いて虫などを食べてくれます。

このヤモリ、ザラザラな壁に張り付いているのなら不思議ではありませんが、ツルツルのガラスに張り付いていることがあります。
カエルのように吸盤があるわけではありません。
不思議ですよね。

実はヤモリの足には細かい毛がビッシリと生えているのです。
一本の足に50万本の毛が生えていて、さらにその毛が何百本も枝分かれしています。
そんな細かい毛で、何でガラスに張り付けるのか。

高校の物理や化学にファンデルワールス力(←力はちから)というものが出てきます。
物と物とに間に生まれるとても小さな引き合う力のことです。

毛先一本では力が弱過ぎますが、その毛先が何億本も集まると、ヤモリの体を支えられるようになるのです。
ヤモリはそんな意外な力を使って壁に張り付いていたのですね。
ファンデルワールス力を利用するとは、ハイテクな生き物です。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック