ちょっといい話104<3度は聴こう>

画像
日曜、月曜と(社)スクールコーチングスクールの研修が田端ふれあい会館と志学ゼミで行われました。

初級、中級ともう5度目になりますが毎回、新たな発見があります。もちろん発表者も同じ話はしませんから新しく感じるところもありますが、その都度なるほどなあと感じることがあります。

今回は辻本先生が何気なく話されている中にありました。自分は、右肩上がりの人生でなかったからよかった。失敗してうつ病に成り、引きこもりを経験したからよかったという言葉に続いて、やはるい自分はできなかったからこそいまそれに気がついてやろうとしていることの話にありました。

それはストロークの開設の話に中にありました。実は私は2番と5番ができませんでした。2番はほしいストロークを求めること。5番は自分自身にストロークを与えることでした。

ストロークとは投げかけ。言い換えれば自分が言ってほしいことを相手に言う。自分が言ってほしいことを自分自身に投げかけることですが。僕はそれができませんでしたとあっさり言ってのける辻本理事長はたいしたもんだなあと改めて思いました。

だから気がついたら改めたらいいんですと言われました。プライドとか理事長とかそんなんものはどこにもありませんでした。自分ができなかった。それを認めて、それをできるようにしようと考えて実行する。ただそれだけの話ですが、人間はどうしても長年生きてくるとプライドが邪魔をします。

そこを子供と同じく、ごめんなあ。自分はできんかったんやあ。そやから改めてみるわと関西弁でいえる理事長はすごいなあと改めて感じました。

私はセミナーを後ろで見守る立場ですがいつもメモだけで一日十ページ越してしまいます。同じ話に見えて、その日、その日に残る内容が異なります。

自分に等しい状況の時に自分に等しい話を聴くんだなあという思いがわいてきます。もっと謙虚に聴くことはもちろんですが、自分は今日はストロークの話、話の投げかけ方、特に自分に対しえtなのかなあとか、人に対して名がかけ方がうまくないのかなあと思ったりするのです。

そんな思いで聞いておりますと、また人の話を3度聴かないといけないそうですねえなどとい話が聞こえてくるから不思議です。

そして話を聴き、相手に話をしっかりしているのかしらと自己反省ができるのです。

セミナーを受けたその日はそうだよなあと感じますが日が経つにつれて忘れ得きますという。とういう疑問が投げかけられました。その通りだなあと思いました。

だから今日やること、明日やること、一週間先にやることを書き、張り出し、人に確認してもらう必要があるのです。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック