『ありがとう』をお届けします 39<目標点の位置>

画像

こんにちは、岩崎です。

先日、中3の授業で、志望校を確認し、その目標について具体的にどのくらいの点数で合格点にたどりつけるかを各自で確認してまいりました。

2学期制の生徒も通知表の結果が出て自分の内申が分かるようになってきました。
そこで都立志望の生徒はその内申を踏まえて志望校の合格点の意識をしてまいりました。

都立の一般入試は入試得点と内申点の合計点で合否が決まってまいります。
1000点満点を7:3(入試得点:内申点)、6:4、5:5のいずれかの割合で分けて合格点が決まってきます。割合は各学校それぞれであります。中堅~上位校はほとんどが7:3の割合になっています。実際の入試得点を高く見てくれる傾向があります。

都立の内申点の出し方は通知表の5科(国・数・英・社・理)と4科(美・技・体・音)に分けて決まります。

5科+4科×1.3
です。これが都立内申です。

この都立内申を点数化し、実際に入試得点ではどのくらいの点数を取らなければならないかを自分自身で計算し、割り出していきます。


みんなの声が聞こえてまいります。
「ここまでとらなければならないのか~」、「あともうちょっとじゃん」
声はさまざまです。

今受験生のみんながこの得点に向けてやらなければならないことを再度意識してもらいたいと思っております。

その後は塾長より日々の課題の確認がありましたね。
これからは一つ一つの課題を終わらせ、自分の目の前にやり上げたことを積んでいくことです。

この月の頑張りが入試の直前の上がり方に左右してきます。この月にどれだけやり切ったかです。
一日一日やりきって参りましょうね。

素直に話を聞いてくれている生徒のみんなにありがとうです。
共に合格まで歩んでいこう!!

岩崎


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック