ウイルスって何?

こんばんは。
志学ゼミの川越です。

 寒さも増してきましたね。
今年も新型インフルエンザやノロウイルスの流行が徐々に始まっているそうです。夏に比べると体温を奪われやすい冬は免疫機能も衰えがち・・・。そのせいで風邪もひきやすくなってしまいます。受験生に限らず塾生みんな、手洗い・うがいなどをして感染を防ぐようにしてくださいね!

 ところで、新型インフルエンザやノロウイルス、これらはウイルスに分類されるのですが、「そもそもウイルスって何なの?」って疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 ウイルスの説明に入る前に一つ言っておかなければならないことは、人が主に風邪など病気としている症状は、「ウイルス」によって引き起こされるものと、「細菌」によって引き起こされるものがあるのです。
よく勘違いをしている人もいますが、この「ウイルス」と「細菌」は全くの別物です。ご存知でしたか?
簡単に分類してしまえば、「ウイルス」は自分で増殖することができないものであり、「細菌」は自分で細胞分裂により増殖できるものです。
「ウイルス」は、自分で増殖できないので空中を漂っているうちは数を増やせません。そのかわり、一度体内に入ると爆発的に増殖します。これは、「ウイルス」が寄生主の細胞を借りて増殖するからです。
例えば、私たち人間の体の細胞は細胞分裂などにより増えていきますよね?
これは、私たち人間の体の細胞は自分で増えることができるタイプの細胞ということです。自分で増えることの出来ない「ウイルス」はここに目をつけました。つまりは、自分で増殖ができないので、他の細胞の増殖機能を借りて増えていこうとするわけです。
 図で表すとこのようになりますかね。

画像



画像




 では、「ウイルス」や「細菌」などの病原体はどういった場所で感染するのでしょうか?
人ごみの中などは最も感染率が高い場所ではありますが、実は家の中も感染の可能性が高い場所です。
 家の中には様々なものがありますよね。その中でもパソコン・電話・テレビリモコン・エアコンリモコンなどといった家電製品は危険!!
 一日で人の手に付着する病原体の数を10万だとすると、家電製品に触れることによって付着する病原体の数はおよそ6~7割、つまりは6,7万も・・・。
その中でも、特につきやすいのがパソコンのキーボードです。パソコンに触れることにより4,5万ほどの病原体が手に付着するそうです。
水洗いできない家電製品は、ついつい掃除もあまくなりがち・・・。病原体の溜まり場となっているのです。
では、家の電話でたとえ話をしてみましょう。
お母さんが風邪気味の状態で電話を使用しました。当然、咳などをおさえた手には風邪の症状を引き起こす病原体が付着しており、使用した電話にも付着します。そこに子供さんが帰ってきます。手洗い・うがいをしっかりしました。その後、友達に電話をかけます。そして、その後におやつを食べ、外に遊びに行きました。
手洗い・うがいをしっかりやることで家の外で手に付着した病原体は落とせていますが、その後に電話を使用したことにより再び手には病原体が付着しました。
そして、そのままの状態で今度は手を洗わず、おやつを食べていますね。もしも、おやつがクッキーなど直接手で食べるものであった場合は、体内に病原体が侵入してしまったことになります。
このように、家の外にばかり注意がいきがちですが、実際は家の中の方が感染する危険は高いのです。
では、どうすればよいのか?
一番お手軽なのは、市販されているアルコール殺菌の薬品を買ってきて、コットンなどにふくませて拭くことですね。これにより、ある程度は病原体を死滅させることができます。
 ただ、アルコール殺菌を手にするのはお勧めしません。なぜかというと、あまり効果がないからです。
人の手には、指紋や皺などの溝が多くあります。アルコール殺菌では表面の病原体を死滅させることは出来ても、溝の部分に入り込んでいる病原体までを死滅させることはできません・・・。
最も有効な予防の仕方は、やはり、「手洗い・うがい」だそうです。
手洗いは、まず水で手を洗いますよね。これで手の表面に付着している病原体を洗い流します。次に、石鹸ですね。これは、溝の部分に入り込んだ病原体を死滅させます。そして、最後に泡を洗い流すためにもう一度手を洗う。今度は泡を洗い流すために入念に洗いますので、これで溝の部分に入り込んでいる病原体も泡と一緒に洗い流すことが出来るのです。
このように、しっかり予防をしていたのに風邪をひいてしまった・・・。この場合の対策は温かい布団の中で安静にしているのが一番です。
なぜかというと、病原体は熱に弱いからです。
例えば、インフルエンザウイルスは38~39℃で活動が鈍くなり死滅していきます。インフルエンザに罹ると急激に熱が出るのは、脳がインフルエンザウイルスを死滅させるために体に熱を出すよう指令を出しているからです。
なので、無理に熱を下げようとするのは間違いであり、症状の悪化を招く恐れがあります。

長々と書いてきましたが、少しでも皆さんの病気予防および対策に役立てていただけると幸いです。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック