「たまご酒」&「ミルクたまご酒」

画像


 こんばんは。
志学ゼミの川越です。

 先週は、パソコンの調子が悪くアップできず、すみません・・・。

 あっという間に1月も終わり、2月になりますね。
 1月のセンター入試から受験体制に入った高等部だけでなく、中等部のほうも入試モードに突入する時期ですね。より一層の体調管理が必要になってくる時期ですので、睡眠や食事、手洗い・うがい・マスクなどの対策をして風邪を引かないように気をつけてくださいね。

 さて、今週も先週に引き続いての免疫力向上シリーズ第4段として、「たまご酒」を紹介しようと思います。塾のブログですし、小さな御子様がいる御家庭向けに「ミルクたまご酒」も紹介しますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。


 まずは、「たまご酒」の作用・効果からですね。
「たまご酒」は、その名前の通り「たまご」と「日本酒」を使った料理です。
 「たまご」は非常に滋養があり、免疫物質を作るのに必要な「たんぱく質」が豊富に含まれています。さらに、卵白には「リゾチーム」という細菌を殺す役割を果たしてくれる成分が含まれています。
 「日本酒」は、調理の過程でアルコール分は飛びますが、体を温めることで免疫力・抵抗力を向上させてくれます。
「たまご酒」は風邪の時以外でも、悪寒がする・頭痛がひどい等の時に飲んでも効果があるんですよ!

 では、〈材料〉と〈作り方〉です。

〈材料〉

【たまご酒】・・・2人分

・たまご   1個
・日本酒   180ml
・砂糖    おおさじ1~2

【ミルクたまご酒】・・・2人分

・たまご  1個
・日本酒  おおさじ2∼3
・砂糖   おおさじ1~2
・牛乳   180ml

〈作り方〉

【たまご酒】

1.材料を全てボール等に入れ、泡だて器で良くかき混ぜてください。
2.フライパンか底の浅い鍋にお湯を張り、材料を入れたボールを上に置き、湯煎して行きます。この時、常に泡だて器かミキサーでかき混ぜるようにしてください。
3.しばらくすると、とろみが出てきます。ちょうど良いと思われる加減のところで湯煎から外してください。
4.コップに移して完成です!!

【ミルクたまご酒】

1.まず、日本酒だけを温めてアルコールを飛ばします。
2.たまご・砂糖をボール等に入れ、よくかき混ぜます。この時、あまり泡立たないようにしてください。
3.砂糖のザラザラ感が無くなったら、牛乳を加えて軽くかき混ぜます。
4.後はたまご酒と同じ行程です。
5.コップに移して完成です!!

画像


 今回紹介した作り方は、基本的には失敗することの無い作り方です。注意すべきことも以下の5つと非常に少ないので、一度お試しください。

●湯煎の時、あまり火にかけすぎない!
●湯煎している間は、常にかき混ぜる!
●とろみが出てきてからは目を離さない!
●かき混ぜる時に、あまり泡立てないようにする!(ゆっくりとかき混ぜると、泡立ちにくくなります。)
●お子様に作る場合は、日本酒のアルコールをしっかりと飛ばす!


 というわけで、今週は「たまご酒」&「ミルクたまご酒」でしたー。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック