自分の体験を思い出して

画像


こんにちは。講師の芳賀です。
3月は別れの季節、そして4月は出会いの季節、気候も穏やかになってきて春の足音がしてきます。新しい年度を目の前にワクワクするのですが、どこかドキドキもしたり落ち着かない時期ですね。
塾内でも中1は中2の準備をしています、同じように小6は中1の準備をしています。みんなが新しい出来事を迎えるにあたって準備をしています。時間を無駄にしてはいけません。その1年を素晴らしい1年にするためには始まりがとても大切なのです。今日は私が高校時代に先輩に言われた話について書きたいと思います。

私が高校2年生の時、勉強は全くと言っていいほどしていませんでした。ずっと部活漬けの生活をしていました。競技はバレーボール、部活の仲間と一緒にいるのが何よりも楽しく、バレーの練習ばかりしていました。私の学校は都立でした、都立の中では東京都の中で2番目に強い学校でした。しかし、私立と混合の大会ではベスト16止まり、私立を倒すのは難しいことでした。私立と都立の学校では大きく違います。私立の場合は充実した設備があり、中学校から選ばれた選手がやってきて指導を受けます。一方都立は練習時間は限られている、しかもうちの学校は定時制があったため居残りの練習も禁止されていました。その中でも私たちの学年はメンバーに恵まれていたので、高いレベルのバレーができていました。現状の自分たちに満足している部分があったのだと思います。

そして、ある大会の日。自分たちは勝ち上がった結果その当時東京都で1位だった東亜学園と試合をすることになりました。試合前に見た東亜学園の選手の印象は、でかい、早い、強い、勝てるわけがないでした。チームメイト全員が同じ気持ちだったと思います。そんな気持ちの僕たちが勝てるわけもなく、結果は惨敗。自分たちは心の中で「だってあいつらは体もでかいし、1日中バレーしてるんだ。勝てなくたってしょうがない」と思っていました。本当に開き直ってしまっていて、悔しい気持ちなんかありませんでした。試合が終わった後、応援に来てくれた先輩に挨拶に行くのが通例でした、その時にはバレー部ではなく、野球部の親しい先輩が応援に来てくれていました。本当に優しい先輩で、違う部の私たちを応援してくれていたのです。その先輩のところに挨拶に行くと次のようなことを言われたのを覚えています。

「今日の君たちは本当に格好が悪いよ。最初からあきらめているのが分かったよ。もしかして、勝てないのが当たり前だと思ってないか?私立だから、練習設備が、特待のバレーの選手だからの前に君たちは心がまえの時点で負けているよ。1日が24時間なのはみんな一緒だよ、君たちが24時間で東亜学園の人たちが48時間ではない。同じ時間が与えられた中で君たちが彼らに負けたなら、それは君たちよりもかれらのほうが多く時間をバレーに費やしているからだよ。時間は命と同じ。君たちが寝ている間、テレビを見ている間に彼らは命を削って練習している。だから東京都1位になれる。君たちも勝ちたいなら命削って練習するしかないんだよ。」

この言葉は今も私の中に生きています。本当に心の奥底をえぐられた気がしました。恥ずかしくてその場にいられないくらいでした。勝てない言い訳を相手のせいにする最低な人間でした。みんな与えられている時間は同じなのに勝敗がでる、それには、自分がどのくらいの時間を注いでいるか、情熱をもっているかなのですね。その日から自分たちの学年は1秒も無駄にしてはいけないとそんな気持ちで練習に打ち込みました。

勉強も同じことだと思います。自分より勉強ができる人がいると、「どうせあいつ」はと何かしらの理由をつけて自分の立場を正当化しようとします。しかし、自分より出来る人は必ず自分より努力をしているのは明らかです。私は毎回自分より優れている人に出会うと先輩からの言葉を思い出し、この人は自分より時間をうまく使えている人なのだと感心してしまいます。私ももっと頑張らなくてはと思います。みんなも時間は命だと思って、時間を大切に使ってください。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック