高校受験説明会<岩崎より>

画像

こんにちは、岩崎です。

前日のブログにてお伝えいたしましたように、先日の土曜日に高校受験生保護者様対象の説明会を開かせていただきました。

塾長からは高校受験の基本方針、概略等を、
私からは高校受験の基本的な受験方法
の説明をさせて頂きました。

私立・都立・国立には推薦試験と一般試験があります。
推薦試験はどの学校も通知表の評価が基準になります。

私立の推薦試験は単願・併願試験の二つあります。
単願試験はその学校一校しか受けないとの約束の上の試験となります。
併願試験は第二、ないしは第三希望の試験となり、滑り止めとなる試験です。
都立第一志望の方は併願試験で私立一校を押さえ、都立一般試験に臨みます。

私立の一般試験は得点のみで合否が決まります。
都立の一般試験は通知表の点数(内申点)と一般試験との合計点数で合否が決まってきます。ですので、これからの勉強は内申を上げる勉強と、偏差値を上げる勉強をしていかなければなりません。

内申点が悪ければ、それだけ一般試験の求められる点数が高くなり、内申点が良ければ、一般試験の際のとらなければならない点数が緩和されます。
説明会では、
オール3の子がA高校を受ける場合の一般試験時5科目の合格点数と
オール4の子がA高校を受ける場合の合格点数を割り出しました。
その差は5科目試験の合計点数のおよそ40点~50点の開きがあります。

いかに内申点(学校の通知表)の大切さがわかります。

できるだけ内申点を伸ばし、偏差値を上げていくかがポイントとなります。

今年の受験生も毎月模試を行い、偏差値の推移をみていきます。

さぁ、受験生の年がまた始りました。目標を持って、日々を過ごしてまいりましょう。

岩崎でした。

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック