5月22日は初級コーチング講座が行われました

画像
今回の初級講座は梶原絹江トレーナーです。まずは自己紹介の前に鶏の絵を各自に書いて頂きました。どう書くのかなあと言いながら各自奮闘していただきました。そしてそれぞれ、鶏ってこうだっけと言いながらが描いた絵を見て回りました。

わかっているつもりを体験していただきました。そして絵も様々、「ひとそれぞれ」なのですね。

そして各自、本日の目標が発表されました。人の話を聴く力をつけたい、コミュニュケーション能力を身につけたい、相手が元気になる言葉を話したい、コーチングとは何か?を学びたいなどさまざま。

一部上場の企業が新入社員に求めることベスト3として、コミュニュケーション能力、主体性、協調性が上げられるという話が梶原トレーナーからされました。本日は梶原トレーナー。岩崎、松岡がアシスタントとして参加しました。

本日は「傾聴」がテーマです。傾聴(相手の話を聴く)をし、質問をして承認をする。この流れのなかで答えは自分の中にある。本当にやりたいことを聴きだす、相手の可能性を引き出し相手に気付いてもらうなど目的が話されました。無意識のうちの意識の中に自分のやりたいことが眠っているという説明に身を乗り出す東京大学の藤森さん。

無意識のうちに私たちはその中で選択して行動していること。無意識の中に入る情報は1秒間に1100万ビット。その中で意識に反映されるものは
15から25ビットだそうです。

自分の中の無意識の部分が97%、意識が3%と言う話も出てきました。行動は97%の無意識に影響され意識化されていきます。その無意識のうちに自分のやりたいこと、深層心理が隠されている。それを引き出すのがコーチングでもあるという話にみなさん興味津津。

まさに「相手の可能性を信じ、自分の中に答えがある」と言うことなのです。
ですから聴き上手が肝心。聴き上手になるためには「相手の話をしっかり受け取ること」。

例えば
「暑いですね」といわれたら
B「そう?私は九州生まれだから暑さは気にならないけれど」と答える場合と
B「暑いわねえ。私は九州生まれで暑さには強いけれどそれでも熱いわ」と答える場合を感じていただきました

話の聴き方のエクササイズ
まずは相手の話を無視して腕組みをして聴かない場合、それから気持ちを込めて聴く場合の違いを体感していただきました。細かいことを言わずに相手の話を聴く努力をしていただきました。その感想を聴いてみました。

(社)スクールコーチング協会の柱は「自己肯定感」です。
辻本理事長は50代半ばでひきこもり、うつ病を経験されました。「うつ病になってよかった」と理事長はよくはなされます。過去を否定して今の自分はあり得ない。過去のそれぞれに最高の選択をしてきたのだとお話をされます。過去を肯定するから未来がある。だから今がある。

そうして理事長は60を迎えるにあたって未来の子供たちのために生きることを考えコーチングを行おうと考えたのです。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック