化学担当の飯倉です。

 ブログをご覧の皆様、こんばんは。学生講師の飯倉です。
画像

今日は最近メルトダウン等の問題が起きている原発関係の事を書いていきますね。

 皆さんは「チェルノブイリ」という単語に聞き覚えがあると思います。これは1986年4月に旧ソ連(現ウクライナ領)で起きた、過去最悪の原子力事故の発生した原発の名前です。事故から25年経った今も、半径30km以内での居住の禁止。又、原発から北東350kmの範囲内に、高濃度汚染地域であるホットスポットと呼ばれる箇所が訳100個あり、居住や農業が禁止されています。

 この汚染の原因となった放射能は半減期と言われる、放射能の効果が弱くなるまでに掛かる時間がとても長く、また除去の方法や除去後の汚染物の取り扱いが非常に厄介なため、土壌の回復までにとても長い時間と多くの労力がかかってしまいます。

 ここでこれらの除去に意外な植物が活躍している事を紹介します。その名は向日葵です。キク科の植物の向日葵はその根から、カリウムなどと類似する性質をもった放射性セシウムを土壌から吸い上げる機能を有しています。
この向日葵を今回の原発事故で土壌汚染が予想される地域にたくさん蒔いて、放射性物質を除去させるとともに、向日葵の新しい観光スポットとして注目を浴びることにも繋がれば、たくさんの人にとって良い事に繋がると思います。

 ある一つの結果を得るための方法はいくらでもあります。考えるのを止める事無く、常に複数の方法を用意して日々を過ごしていきたいですね。
なんだかパッとしない終わり方ですが、今回この辺で失礼します。では、また会いましょう。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック