化学の飯倉です

こんばんは、学生講師の飯倉です。
画像

最近、関東も本格的な梅雨に入った様で傘を持ち歩く日が、グッと増えてきました。晴れが少なく梅雨が嫌いな人が多いと思いますが、私個人としてはこの季節、大好きです。特に雨の降る夜は、窓を少し開けて雨音が聞こえるようにして寝ると、普段よりも深く眠れる気がします。


 ということで、今日のテーマは梅雨についてです。
梅雨とは、北海道と小笠原諸島を除く日本、朝鮮半島南部、中国の華南や華中の沿海部、および台湾など、東アジアの広範囲においてみられる特有の気象現象で、5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い期間のことを指します。この時期の雨量の多い日は視界が遮られて、風景が違って見えるのがいいですよね。

 この梅雨という言葉の語源ですか、この時期は梅の実が熟す頃であることからという説や、この時期は湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音の「梅雨」に転じたという説、この時期は「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説がありますが、面白いのはそこではないのです。お隣さん、つまり漢字発祥の地である中国でもこの時期の事を、「梅雨(メイユー)」と呼び全く同じ単語を使っているところなのです。さらにこの言葉のもとになった言葉は、「霉雨」といい「霉」はカビのことであり、日本の「黴雨」と同じ意味になります。

 季節の言葉にも共通点のあるほど、考え方の近い日本と中国。何時かの漁船問題のように喧嘩するだけでなく、もっと仲良くしてほしいものですね。


それでは今回はここまでです。また会いましょう、良い週末を!

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック