ミネラルウォーター


こんにちは岩野です。
暑くなってきましたね。

先日行った小学生の模試を行ったのですが、その模試の中にミネラルウォーターについての問題がありました。
日本のミネラルウォーターの国内生産量や輸入量がどう変わっていったか、なぜ飲むのかが資料として出ていました。

資料を見ると1990年から国内生産量が少しずつ上がっていきます。
1990年頃、私はまだ子供でしたが、確かに自動販売機にミネラルウォーターなんてぜんぜんなかったように思います。
水が飲みたければ蛇口をひねっていました。
しばらくして自動販売機でも見るようになりましたが、まだ子供だった自分には、自動販売機でお金を出して水を買うなんて考えられませんでした。
外にいても学校や公園で蛇口をひねれば、すぐに水が飲めましたから。
しかし、その頃には家庭で「おいしい水を飲みたい」という意識が社会一般にありました。
周りでだんだん浄水器を付ける家が増えてきましたね。

子供の頃に比べると、飲み水に対する意識はだいぶ変わってきたことは間違いないですね。
ミネラルウォーター等の「おいしい水」は買う物になりました。
対照的に水道水は買うという意識無く飲める「おいしくない水」となっていきました。

日本にいると意識しづらいのですが、世界的に見ると水が自由に飲めるというのは珍しかったりします。
少し前に一時的に水道水が危険になりましたが、もしあの状況が永続的になっていたら恐ろしいですね。
おかげで水に対しての意識が、おいしいかどうかだけでなく、安全かどうかまで考えるようになりましたね。
水に対しての価値観が変わりました。

水が豊富というのは本当にありがたいことです。
ご先祖様達もいい土地を見つけてくれましたね。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック