二酸化炭素

画像


こんにちは。講師の芳賀です。
本当に最近暑いですね。エアコンをちょこちょこつけてしまう自分がいます。 
節電と世間は騒いでいますが、お構いなしになってしまっています・・・しっかりせねば。

今日は、最近テレビを見ていて、「オッ!なるほどね!」とうなってしまった瞬間があったので、それを紹介します。
私は、完全な文系なので、理科系は苦手なのですが、皆さんにはわかるでしょうか?

「1年のうちに大気中にある二酸化炭素量がもっとも多い時期は、夏である。○か×か?」のような問題でした。
私は、すぐに○と判断しました。夏にはエアコンも使うし、夏はアウトドアのために車も使う機会が多い、しかも1年のうちでもっとも暑いのは夏だから、夏だ。「答えは○だ!」。正解は×でした。「あれ?何で?」と私は思いましたが、解説は単純明快です。「だって、夏のほうが葉っぱが多いでしょ、葉っぱが多い分、光合成が行われて、二酸化炭素が吸収されて、酸素が吐き出されるわけです。」。「なるほど」と私はうなってしまいました。

よく考えれば、葉っぱが多いために、光合成が多く起こる夏のほうが二酸化炭素が少ないということはわかるのですが、暑いからなどのイメージによって夏のほうが二酸化炭素が多いと思ってしまう。単純なひっかけに引っかかってしまいました。事実にしっかりと目を向けて、論理的に物事を考える必要があるみたいです。

葉っぱは、二酸化炭素を吸って、大切な酸素を出してくれています。なんて素晴らしいんだ!!
私も何か役に立たなくては。そうだ、今日はエアコンつけるの我慢しよう。              

芳賀
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック