ちょっといい話No128<絆>

画像
今売れているもの、ボードゲーム、家族写真、同窓会云々がでていました。共通することとは・・・

やはり一人ではできないことですね。

携帯電話、パソコンが普及しミーイズムが浸透してきました。そして知らないうちに情報に個々人がダイレクトに管理されているのですが今回の震災後に絆を求めて様々なものが売れ始めているようです。

家庭内ゲーム、人生ゲームをはじめとするいわゆるボードゲーム。これは一人ではできません。家族で顔を見合わせてするもの。震災後、やはり家族と痛い、家族と何かがしたいという思いが購入の動機付けになっているとのこと。

これは子どもの七五三の写真を撮る時、家族写真を撮っていかれる方が増えているとの。同窓会を開催するホテルや結婚相談所も売り上げを伸ばしているとのことでした。

人は何か災害があったりしないとこういった絆に気がつかないものです。日常の何気ない生活がいかにありがたいかを気がつくとそれを大切にしようと思います。

確かに私たちの世代では人生ゲーム、かるた、トランプなどは懐かしい存在でもあります。よく正月に珍しく親父もつきあってくれたものでした。日頃仕事で忙しい父親と遊ぶことなど盆暮れしかないのが日常でしたが、そんなときは何か特別な感じがしたものでした。

いまはパソコンやゲーム機が対個人用に作られ、あくまで個人のルールにゆだねられます。相手を気にせずに出来るという利点はありますが、自分で制御できないといつまでもやってしまう結果に陥ってしまいます。また、家族でゲームをするといった特別な日もなくなりつつあるのが現状でしょう。

そしてゲームは家族でするといった特別な日ではなくなり個人が行うため日常化してしまいました。1日何時間までよと言った話になってきたわけです。

これを家族でするとか、だれかとするといったことを挟むとどうなのでしょうか?毎日はなくなりますし、非日常的なことでそれをするときに喜びが増すのではないでしょうか?

ゲーム機は個人化することで売り上げを驚異的に伸ばしましたがいつの間にか機械に操作され、麻薬のようになってしまってはいないでしょうか?ですから取り上げるうんぬんまで出てくるのです。

一人ではゲームをしない。家族でするといったルールもあってもいいのではないでしょうか?

家族の顔を見る。そして話すというごく当たり前のことが失われつつあるのです。こういったものが売れるといったことを聞くとなんだかほっとします。

いま日本昔話のアニメが売れているとも聞きました。みんなどこかで何かほっとするものを求めているのかもしれませんね。写真は上級研修中の岩崎講師です。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック