化学担当の飯倉です

ブログをご覧の皆様こんばんは、こんにちは!学生講師の飯倉です。
画像

先週は私情によりお休みしましたが、今週からまたブログを更新していこうとおもいます。


 さてさて、今週の内容は敬老の日の由来について書いていこうと思います。敬老の日と言えば、学校が休みになるということで、子どもの頃に訳もわからずただただ喜んだ人も多いと思います。そんなあなたもこの記事を読んで、敬老の日はただの休日なのではなく、何のための休日なのかを、確認していきましょう。


 敬老の日と言えば、今までは9月15日が敬老の日でしたが、9月の第三月曜日に変更となり、今年は9月18日が敬老の日でした。
敬老の日は、もともと「としよりの日」という名前で昭和29年に制定されましたが、もっといい呼び方にしようということで、昭和39年に「敬老の日」と改められました。そして昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、“老人を敬愛し長寿を祝う”として、国民の祝日となりました。かなり最近の出来事なんですよね。僕も調べていて少し驚きました。


さて、この敬老の日ですがなんの脈絡もなく定められたわけではありません。由来はいろいろありますが、有力な説は2つ。

まずひとつは、聖徳太子の説です。聖徳太子が大阪に四天王寺を建てた時、ここに四天王の名前に合わせて、敬田院・悲田院・施薬院・療病院の四箇院を設置したといわれています。その内の悲田院というのが、今でいうところの老人ホームで、この悲田院が誕生したのが9月 15日であったため、この日が選ばれたということです。

ふたつ目は、元正天皇の説です。元正天皇が717年に「万病を癒す薬の滝」といわれていた岐阜県の養老の滝へ行幸し、「醴泉は、美泉なり。以て老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め、養老元年と為すべし」と告げて、年号を「養老」に改元した故事にちなむというものです。 さらに、養老の滝には敬老の日と結びつきの強い伝説があります。ある父親思いの息子が、老いた父に酒を飲ませたいと願ったところ霊泉から酒がわいたという故事です。これらにもとづき、全国的に9月中旬頃に地域のお年寄りを招待して敬老会を開くということが慣わしになり、そこで9月15日を敬老の日に定めたといわれています。 いずれの説も、お年寄りを大切にする心は、今も昔も変わっていないことを教えてくれます。目まぐるしい現代においては、敬老の日は立ち止まって思いやりの心を取り戻す日であるかもしれませんね。

では今回のブログはここまでです。敬老の日についてわかって頂けましたでしょうか?僕も今回ブログのために勉強し、かなり知らない事があったので、とてもタメになるテーマになったと思います。次回は10月1日になるとおもいますが、テーマは薩摩芋を予定しています。おたのしみに!ばいばーいノシ!!


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック