鉄人の大学入試対策講座No69<「ド」日本人を脱却しよう>

画像
鉄人です。本日は「ド」日本人を脱却しようです。

英語教育が一般大衆のものになってから1世紀程になりますが、英語は今でも日本人にとって「難しい外国語」です。中学1年生から英語を学習した大人達の中の一体何パーセントが満足に英語を操れるでしょうか?

何年も英語を学習したはずなのに、英会話スクールが日本の至るところにあり、英会話教材が書店に溢れているのはなぜでしょうか?海外正規留学をするために留学生が受けるTOEFLという語学試験がありますが、日本人の平均得点は世界でほぼ最低です。

日本人にとって英語が「難しい外国語」で有り続ける理由は、英語と日本語があまりにも違いすぎること、英語を満足に教えられる教員が中、高、大学にいないこと、日本の英語教育が「使える英語」を教えていないことなどがあります。

しかし、英語を自由に操れる私は、そうではない気がします。日本ほど翻訳に満ちた国はなく、日本にいる限り、英語を使う必要性はほとんど皆無と言っても良いからではないでしょうか?

言い換えれば、日本人は英語に慣れるような環境にいないわけです。その弊害として、日本人は英語を日本人的な発想で読んだり、書いたり、話したりする傾向にあります。

明治維新の結果、外国人が日本を訪れると知った床屋が、「頭」(= head)、「苅る」(= cut)と考え、HEAD CUTという看板を掲げたところ、外国人は「首を切る場所か?」と驚いて、誰も近づかなかったという笑い話があります。

また、日本人は英語のフレーズと和訳を1対1の関係で覚えてしまう傾向があります。How are you? と聞かれると、自動的にI’m fine thank you.と答えるのだと中学生時代から教えられる日本人が、病院で医師がHow are you? と言った時にも、I’m fine thank you. と答えてしまったという笑い話もあります。

鉄人

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック