大学入試攻略英語N076<文脈判断の重要性>

画像
置かれた状況や文脈に則した適切な選択を誤る例は、受験生にも見られます。例えば、センター試験直後に、受験生のS君が私に質問して来ました。

S君:センター試験の会話問題で、Aさんが「日本に旅行する」って言うので、その友人のBさんが「それは素晴らしい。楽しんできてくれ」と言ったんです。その返事としてAさんが何を言ったかを選ぶんですが、I hope you enjoy yourself. 「君が楽しく過ごすことを願っているよ」ではダメなんですか?

私:後に, too を加えてI hope you enjoy yourself, too.「君も楽しく過ごすことを願っているよ」とすれば良いけど、too 無しではダメだね。

でも、S君、「楽しんできてくれ」と言われたら、普通は自分の旅行について「もちろんだよ」とか言うはずだよ。自分のことについて聞かれた場合、西洋人は「私は…」と言いたがるからね。日本人のように、相手のことばかり気にしないからね。

S君:そうかあ。だから、「一生涯思い出に残る旅行になるだろう」が正解なんですね。

 上の受験生は、相手の問いかけに対する適切な発言を間違ったのですが、このように「文脈判断」が苦手な学生が、最近頓に目立ちます。「自分ならこう言う」という「自分の感覚」に頼った判断が多いからです。

置かれた状況に基づいて、的確な判断が出来るようなスキルを身に着けてもらうためには、様々なタイプの問題に慣れてもらうのが最も効率が良いと思います。

ですから、センター試験対策の授業では、最近の出題に限らず、過去の問題も時々導入して行くつもりです。そして、授業ではあてられて、間違い、恥をかきながらも「文脈判断」の力を培っていってもらいたいです。

鉄人

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック