画像




 こんにちは。講師の芳賀です。
すっかり寒くなりました。教室内も暖房がかかり始めました。少し前までは暑くてエアコンを入れていたのに・・・。
季節の移り変わりは早いものですね。あっという間に年末になってしまいそうです。

 今日は小学生の国語の時間に思わず生徒たちと話し込んでしまいました。
今日読んだ文章は昔の家庭内の様子を描いているものでした。朝食で「海苔巻き」を作り、お弁当にします。その海苔巻きの端っこの切れっぱしをお父さんが食べるのですが、子どもは羨ましく見ているだけ。自分も切れっぱしが食べたいなと思っていましたが、大人になってみると昔そんな出来事も懐かしく感じるというものです。

 その文章の中に、海苔巻きを作る描写が出てきます。海苔を囲炉裏であぶる様子や包丁を濡れ布巾で拭くなどです。生徒はここに食いついてきました。「先生これは何でなの?」。海苔を囲炉裏であぶるのは海苔についている水分を飛ばすため、包丁を布巾で拭くのは包丁に米がくっつかないようにするためです。こういう説明をすると生徒は意外と興味を持ってくれます。おにぎりなどを作ったことのある生徒は手に水を少し付けますよね。同じ要領です。

 さらに生徒たちは続けました。「でも先生、海苔巻きのきれっぱしが食べたいなら、お父さんから取ればいいのに?」
「昔と今は違うんだよ。今のお父さんは優しいけど、昔のお父さんは恐かったんだよ。そんな恐いお父さんに海苔巻き頂戴なんて言えなかったんだよ。先生も小さいころ、箸の使い方が悪かったら、箸で手を叩かれたりしたよ。恐かったもん。テーブルとかひっくり返すアニメ見たことない?」

 「CMで見たことある。あんなお父さん本当にいたんだね。」

 国語の文章をただ読むだけでなく、色々話してみると生徒たちの考え方や知識が分かって面白いですね。

芳賀
 


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック