画像




 こんにちは。講師の芳賀です。

 小学生の授業中にアルファベットのテストを行いました。まだ書けない生徒が多かったです。テストが終わった後に不合格だった生徒がポツリと言いました。「次回は書けるようにしよ」。出来なかった事を悔やむのでなく、出来ないことに悲観的になるのではなく、すでに前向きに次回のテストに向けて気持ちを切り替えていました。出来ないよりは出来た方が当然良いのですが、出来なかったことに悔やむ時間ははっきり言って無駄です。この生徒の発言には正直良く言ったなと感動しました。

 中学生に多いのですが、テストが不合格だった時などに「自分は頭が悪いから」「全然勉強が出来ない」などとマイナスな発言をする生徒がいます。そんなことはありません。大事なのは「やるか・やらないか」です。前向きに努力をすれば必ず物事は上達します。これは運動も勉強も同じです。あきらめている人は自分の可能性を無駄にしてしまっている人です。今日の小学生のように「次出来るようにする」、この前向きな姿勢を持って勉強していきましょう。


芳賀


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック