ディズニーから学んだこと

画像




 こんにちは。講師の芳賀です。
先週に引き続き東京ディズニーランドのお話を少し。


 大人になってからのディズニーはまた一味違うものがありました。
敷地内で働いている人の9割はアルバイトだそうです。しかもバイトという意識ではなく自分たちの事を「キャスト」と読んでいるそうです。「バイト」ではなく「キャスト」、この響きが個人のモチベーションを上げているのかもしれません。非常に大切な事ですよね。

 
 そして各自の仕事は完全システム化がされていて、各ポジションのプロフェッショナルを目指すというものです。私は清掃担当、この人は販売担当、この人はこのアトラクションの担当と決まっているそうです。各自が各ポジションにおいて最高の仕事をすることを目的としているのでしょう。本当に見事な対応をしてくれていました。勉強になります。


 さらに細かい演出をしてくれるのがディズニーの真骨頂です。掃除する人も普通に葉っぱは集めません。葉っぱを集めてちりとりに入れずに立ち去ってしまう事もあるそうです。あれっと思って近づくと葉っぱがミッキーの形になっていたりするのです。これが「隠れミッキー」という演出です。園内にはたくさんの「隠れミッキー」がいるそうです。これを見つけることが楽しみの1つなんですね。素晴らしいですよね。


 そして、何よりもディズニーランドで働いているスタッフ全員がディズニーランドを愛しているという事です。この精神が最も大切だなと思います。私ももっと英語を勉強を好きになろうと改めて思うのでした。


芳賀


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック