学校は復習

画像
公立中高一貫校、私立中学等に進学している皆さんは公立中学に比べて進行が速いといえます。しかしどこに進んでも学校は復習。このポジションが守れないと大変です。

テスト対策が進んでいるところが多いのですが(試験が9月にあるところは通常授業で進んでいます)、テスト前に英数をはじめ提出物に追われていると試験対策が十分でないままに試験に向かうことになります。

これは中学生だけではなく、高校生にも言えることです。

新しく入られた中学生の皆さんにはまず学校の提出物ができているかどうかを聞きます。よく試験当日に提出ですから間に合います。とか別に言われていません。という答えが返ってきます。

言われていなくとも習ったところはやっておかないと、試験前に何十ページもだされてあたふたとなり、他の勉強に手が回らないことがよくあります。

ですから試験2週間前に、少なくとも10日前には提出物は終わらせていないといけません。これは英語の単語も同様です。教科書の範囲はとっくに終わっていないといけません。学校がたとえばL3なら自分が進めているところはL4とかL5でなければなりません。

そうです。学校は「復習」というスタイルを確立させていかなければ余裕は生まれません。

志学ゼミは試験前は5教科すべてを指導しますが、提出物が終わっていないと塾のテスト対策プリントは行いません。

成績がいい諸君によく「あいつは頭がいいからなあ」という言葉を聞きますがそうではありません。君たち以上に勉強し問題をこなしているからです。

現に1番を取っていたり、学年上位者の生徒にはこれが顕著に表れています。いづれにしろ」、自分で納得するまでやること。これが大切です。

K中学に通うYくん。学校の進行が速く難しいことを習っていますが、、それでも学校は復習になるペースづくりをしています。彼は月水金で来ていますがその週で予定が終わらなければ土曜日に来るのは当たり前だと指示しています。

高校生も岩野講師のチャートシリーズの進行が遅い諸君は土曜日に来るように指示をしています。そのために志学ゼミでは東大生のアシスタントを用意しています。補習は無料です。有効に活用してください。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック