中3生の夏期講習数学

中3の数学ではとにかく秋から本格始動する会場模試に焦点を絞り、毎回の授業で徹底して模試対策を行っております。

都立入試においても私立入試においても受験する前に各自の目標点が決まってきます。
満点を取る必要はないのです。

確実に目標点を取れれば合格がおのずとついてきます。


いかに点数の取れる問題はミスなく取ること!!


これを徹底して取り組んでいます。


秋の目標点数を
基礎クラスは模試で60点


標準クラスは模試で最低80点以上を取れる取り組みをしています。



数学の問題は、特に都立共通問題の問題は非常に分かりやすく構成されています。

都立の数学入試問題は大問5から構成されています。

大問1では計算や基礎問題からなる小問(46点分)

大問2では文字式の証明問題(12点分)

大問3では関数問題(15点分)

大問4では平面図形・証明を含む(17点分)

大問5では空間図形(10点分)

となります。

ここで注目するべき点は大問1ですね。
なんと46点がここであるのです!!

ここで取ることができれば大きいですね。
まずはこの大問1を毎回徹底して行い、この時期に取れるようにしていきます。

そして大問3、4に限定して、演習を繰り返しているのです。


テストの全体の構成が分かれば、
生徒たちも、

ここはとれるんだ

という気持ちを持って問題に挑めるので、力の入れ具合が違ってきますよね。



入試問題では
点数を取れるところで取っていくこと

これを生徒が身を持って分かる講習が本日も行われております!!


本日も朝からみんなありがとう!!


岩崎



人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック