社会は暗記科目ではない 理解する科目です

画像
二期生の試験は9月にあります。ゆとりが終わり教科書の内容が戻ってきました。社会が覚えられない、すぐ忘れるとの声が上がっていましたので、理解して覚える方法を急きょ日曜日に呼び出して行いました。

まずは全体的にいえることですが、教科書を読んでいない。いきなり試験対策プリントに入るためプリントがまっかっか。そしてかっこの穴埋めの答えだけ覚えようとしているものも見られました。

これではだめだ。そう思いましたので原点に戻り現場で教えてみました。

まずは教科書を音読する。黙読はだめですね。

それから教科書の穴埋め問題を各中学の範囲に応じて穴埋めを作る。思い立ったらすぐにやらないと気が済まない性格ですので前日深夜までかかり完成させました。

その穴埋め問題を再度音読し、文章の内容として理解する。もちろん地理ですと図が関係してあるところ、時差のところ、歴史ですとカソリックとプロテスタントの違いなど説明が必要とされるところは説明しました。

一緒に範囲を区切りながら最初は音読し、前に解答を書いていきます。そして音読後、ノートに書いてみます。
その繰り返しをして、その後書きますと文章中で考えますから単語だけのときより頭に残ります。

志学では高校生には英単語を文章中で覚えなさいと言っているのと同じです。今年、Z会の速熟を音読し、前から前から訳すようにしてrから小テストを行っています。これと同じです。

すべてのページが終わると、間違えたところを再度やり直しました。

そしていよいよ試験対策プリントへ。

丸の数がぐ~んと増えました。目の前で実感した姿を見るのはいいものです。

最初は時間がかかりますが、暗記ではなく理解だといった意味が分かってくれたかと思います。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック