高校入試説明会

画像
こんにちは、岩崎です。

先日の土曜日に中3生保護者様対象の

「高校入試説明会」

開催しました。



9月から入試までの日程を具体的な例を示しながらお話をさせて頂きました。

9月から主に行うことは学校訪問を行い、受験校を徐々に決めていくことであります。優先的に決めていかなければならないことは推薦を受ける学校を決めていかなければなりません。

第一志望の高校は極端に言えば、入試前でも変更することが出来ます。

しかし、滑り止めになる学校は併願推薦として受けますので、事前に中学校を通して高校に書類を提出する流れになります。11月には中学校に受験校をお伝えして、12月に三者面談を行い、受験校を決定していきます。
12月15日には学校の先生が高校に書類を提出しにいくことになります。

一般入試は試験の2週間前あたりに出願となりますので、最終的にはそこまで変更することが出来ます。しかし、滑り止めになる高校を決めるのは推薦になりますので、決定するのが早いわけですね。

ですので、早めに併願校決めるために学校訪問をしていきます。
学校訪問では、この時期には説明会が週末には開催されています。
そこに行って、説明を聞き、個別面談を行います。
そこで今の時点の内申や会場模試の結果<偏差値>を提出してくるのです。そこで基準に達していれば、併願が取れるようになります。
中学校の先生が書類を持っていく前に自分のデータを高校においてこなければならないので説明会に行ったら、個別面談をぜひ受けてきましょう。


その他には、
第一志望校によっての受験日程の決め方の例をお話させていただきました。

①都立第一志望(共通問題)
②都立第一志望(独自作成)
③私立第一志望

この3つのパターンに分けて大まかな日程の例をお話しました。

試験日程はある意味作戦です。第一志望の入試日にいかにご本人が気分良くその日を迎えられるかを一番に考えて日程を立てていきます。


塾長からは受験生の保護者様に向けて心構えもお話しました。

お父様、お母様も受験生にならないこと。
受験生はご本人である。
ゆえに、保護者の皆さんはよき応援団でいることとありました。

その言葉には会場の皆様もハッとさせられたとの表情をされていました。


今後は個別にて面談を行っていき、具体的な学校名を挙げながらお話をしていきます。


受験までよき応援団を結成して、受験生のサポートをしてまいりましょう。

よろしくお願いいたします。


岩崎

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック