志学でTOEICが受けれるようになります

画像
毎週日曜日午前中はCNNのリスニング講座を行っていますが、大学生を含めTOEICを塾内で受けれないものかと考えておりました。

毎月何かが新しい志学ゼミの試みです。

そこでTOEICを扱う一般社団法人との交渉に入りました。高校生の間でもTOEIC BRIDGEがひろがるなか、目安は英検準2級はbridge、 二級を持っている諸君はTOEICの試験を意受けれるレベルだそうです。この試験が塾内で受験ができるようになります。

TOEICは公開テストとIP団体試験があります。公開テストの結果は写真付きの証明書が発行されます。IP団体テストも写真はつかないもののスコアーが載ったものがやはり出ます。学校で受けているものと同様のものになります。

公式な証明書は公開試験でないとえられませんので、塾内で実力をつけて公開試験に臨むのもいいかと思います。

これによって大学生の就職に必須になっているエントリーシートにTOEICのスコアーを記入できます。またIP団体試験の結果を大学のAO試験に出せるところもあります。

塾内のIP団体試験を団体割引価格で受けれるようになります。第1回目は12月22日を予定しています。高1,2生、準二級を持っている小中学生はbridgeに挑戦してみましょう。大学生講師はTOEICは必須とします。大学で受けられなかった場合も可能です。

飯倉講師がCNNリスニング講座を受ける前はTOEICは400点でした。しかし半年後は550点を超えていました。以下飯倉講師からのメッセージです。

英語は中学時代、そこそこついていけましたが、高校では苦手科目になってしまいました。しかし大学を卒業するころから英語を聞きたいと思い英会話を習い始めました。

そしてしばらくしてTOEICを受けました。400点前後の得点に愕然としました。英会話学校でも聞き取れずにこのまま続けてもと思った矢先に河合先生のCNN講座に出会いました。

それから毎日音読温度具36回、多いときには50回音読を繰り返しました。そうしたところ半年後にはTOEICが550点を超え600点近くになりました。

授業でも音読を行っていますが私も毎日行っています。みんなも一緒に音読をしませんか?

ということです。私もリスニング講座に出ていますが高校生、大学生のほうが習得は早いようです。
やるなら 今 です。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック