今年も「筆遊び教室」が開催されました

画像
今年も長野浄光寺から林和尚様をお迎えして「筆遊び教室」が今年も行われました。参加費は和尚様が震災後支援を続けられている女川町の復興のために和尚様に託し義援金とさせていただきました。

今回も「筆遊び」教室の前に和尚さんの法話。今年のテーマは「良縁を得る」というものでした。「良縁は何も男女の縁だけではありません。人はすべて縁でつながっており、それが大きな円となっていくのですよ」と話されました。

実は先月長野の浄光寺を訪れ、筆遊び教室に参加された4名の奥様達も参加されていらっしゃいました。塾とは関係なく、インターネット、フェイスブックで知って参加された方も多かったのです。まさにこれもご縁です。

「縁の中で生かされ、それが円となって広がる」。いい言葉だと思いました。

全国の、コンビニの数とお寺の数ではお寺の数が圧倒的に多い。でもコンビニは1週間に何度か行くけれどお寺には来ない。

お寺はどうして大きいか、広間があるかご存知ですか?

それは昔は今と違って寄合所がなかったのでみんなが集まる場所として使われていたとのことです。

お寺を人の集まる場所にしたい。と和尚様は考えました。

そこでお寺でできる子供達の体験学習をお考えになりました。流しそうめん、ピザづくり(和尚さんの手作りの窯でやくそうです)、竹にさして長時間かけて作るバームクーヘンなど。

そしてなんとまた新しいことにチャレンジされていました。毎年何かが新しい志学ゼミではありませんが、今年は
スラックラインというドイツで考案されたスポーツをお寺の敷地に取り入れたといわれました。今、女川町の子供たちに運動支援をしたいと考えられたからです。子供たちのため、さすがです。

幅5センチ、数メートルのゴム状の上を歩いたり跳ねたりします。綱渡りとトランポリンを合わせたようなものです。子供も大人もお金をかけずに運動ができるとお話をされました。来年、小布施で日本初の全国大会が行われるのだそうです。すばらしい。

世のため、人のために動くことは見ていてすがすがしいものを感じますし、感動があります。和尚様にお会いするたびにいつも感じることです。

和尚様、おいそがしいなかありがとうございました。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック