冬期講習に向けて

画像
 


 こんにちは。講師の芳賀です。
3年生は受験のための内申が出ました。多くの生徒が「先生、内申上がったよ」と元気に報告してくれました。

 私は英語を担当しているので、テスト前から「英語の評定は必ず上げよう、発展クラスは「5」を目指す。標準クラスは自己ベストを出してこよう」と伝えていました。発展クラスはほとんどの生徒が「5」を獲得していました。標準クラスからも「5」を獲得したした生徒が数人いました。他にも先生評定が「4」になったよ、上がったよと喜びの声が響いています。
 入試前に良い流れが作れました。英語は決して難しい科目ではない。勉強をしっかりすれば出来るようになる。これは全ての科目に通じていえることなのですが、特に英語は文章を読む気がしない、文法が何をいっているのかわからない、何で日本人が英語を勉強しなくてはいけないのかなどと嫌っている生徒がたくさんいる科目です。しかし、今回英語の評定が上がった生徒の中にはこう思っている生徒がいるはずです。「やれば出来るようになるかも、英語ってそんなに難しくないのかな」。この思考になって欲しいために定期テスト前は、しっかり勉強しよう、評定をあげるぞとしつこく言ってきたのです。

 本当に英語は難しい科目ではありません。特に都立の共通校の問題は解きやすいです。長文読解は、文章こそ長いですが、聞いている内容は簡単な会話だったり、簡単なテーマを扱ったものが多いです。リスニングの問題も20点あるのですが、最初の12点分は簡単な内容、残りの8点分は記述なので少し練習をする必要がありますが、これは授業で練習していけば問題ありません。自由英作文の12点分は部分点がもらえます。

 受験において英語は点数を取る科目であると断言できます。発展クラスは確実に90点以上、標準クラスは70点以上取れるようになるのが今回の冬期講習の目標です。そのためにリスニング・作文・長文読解の演習を行っていきます。

 英語は難しくない!点数取る科目だ!そう頭にインプットしましょう!

芳賀


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

こちらもよろしくお願いします↓

学習塾ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック