ソチ五輪に思う

画像
ソチオリンピックが始まりました。どうしても国民意識としてメダルに目が行ってしまいますが、その中で上村選手のインタビューが印象的でしたね。

「メダルは取れればよかったのでしょうが、すがすがしい気持ちです」という発言はなんだか気持ちがよくなる思いがしました。

そこにはやるだけやってきた。その結果だから。今の自分の力をすべて出しつくしたときにやはりそう思うのではないでしょうか。

プレッシャーの中、力を出し切ることの難しさも過去の経験から知っていて、そのうえで自分なりの最高のパフォーマンスができた。だから結果はメダルに届かなかったが今の自分の力を出し切れたという満足感がそこにあったのではないでしょうか。

これは受験も同じです。生徒諸君によく話すのですが、「今までやってきたことのすべてが出し切れたと思える受験であればいいのだ」という話をします。

ですからうまくいこう、合格しようという思いが強すぎると力が出し切れなくなってしまうのです。また受験の倍率は気になります。ですがそれも自分の今持てる力が及ぶかどうかを冷静に見て出願するわけですから、チャレンジ入試を別とすると、力を出し切れば合格するだろうということが前提になっています。

高校入試はいよいよ私立入試本番。そして都立入試に走っていきます。大学入試は私立入試の半ばに入りました。

「やるだけやった」そう思える受験になることを祈ります。

今日も頑張ろう!

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック