春期講習 予習も復習も!!

こんにちは、岩崎です。

春期講習では、次学年に向けての予習がメインですが、もちろん復習もしていきます。
各学年で模試を講習前に行いまして、そのテストの分析をした上で、どの項目に焦点を絞ってこの講習のテーマにしていくかを決めて取り組んでいます。

各学年で復習のテーマもそれぞれです。

中3生の数学を例に出して紹介します。

今回のテーマは一次関数と平面図形であります。
一次関数はどの試験においても出題率はかなり高くなっている項目です。平面図形では証明問題や角度を求める問題や、比の利用などであります。

講習会の利点は毎日あることです。焦点を絞ってやることに、毎日その項目に毎日触れることによって慣れていきます。
その後模試などをやるときに少しでも問題に向かいやすくなりますね。

数学の問題では、解く前に

「難しそうだな。」

「この問題は解けないだろうな」

なんて考えた時は、たいてい頭が働かずに解けずに終わります。
用は解く前にひるんだら負けなのです。

数学は大問で5,6題、出題されてその大問ごとに小問がいくつかあるように構成されています。
たいていの問題では小問(1)(2)は難易度はそう高くありません。特に(1)の問題は基礎問題が多いのです。

しかし、特に基礎クラスでは
どーーんと大問が出されると複雑な図などを見て、「あー難しいな」「俺には解けないよな」なんてひるんで解けそうな問題も自分でとっても難しくさせてしまうのです。

この講習で生徒たちにその壁を取っ払ってもらいたいと思っています。

今、毎日のように(1)(2)は解けるぞーと声を高らかにいい、
取り組んでくれています。


最初は「やっぱり難しいよ」なんて声が聞こえてきましたが、徐々に「あれ、(1)は解けそうだ」
と変わってきています。
たいていは落ち着いて問題を読んで基礎的な知識が入っていれば解けます。


この講習で「出来る!!」と自信をもほしいと思っています。


残りの講習も張り切っていきましょう


岩崎



人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック