春期講習はずばり予習 中1の授業風景

画像
春期講習の意義はずばり予習、冬期講習からスタートした内容の仕上げ、各学年の内容の弱点をこの講習の終わりまでに仕上げることです。

午後から夕方まで遊びたい中を我慢して英語教科書の予習。読んで訳して暗記する。小6からやってきたことに加えて問題集、教科書のワーク等書きの部分が加わっています。最初に戻って読み役暗記をチェックし、帰る前に自分が進んでいる先の部分を進めます。

小6から教科書の読み訳を進めてきた諸君の中から中1の教科書が終了し中2にはいる諸君も出てきました。

数学は中1の予習とともに、これまでのテスト、授業内容の分析から再度必要とされる割合の文章題を春期用テキストと岩野講師が作り上げ、毎回勝ち抜け問題(これができないと帰れない)を挑戦しています。

クラスにおよって進行が異なりますが正負の数、文字式、方程式とどんどん進んでいます。

また講習ごとに行う国語の要約では、大事なところを抜出し、それを削り30字程度にして内容の把握、言いたいことをつかむ練習をしています。

ここでの予習が1学期の貯金を作っていくのです。春は3年間の成績のもととなる学習期間です。勉強方法をうをしっかりと身に着けるいい機会なのです。

昼から夕方まで長時間ですが、やりきったものを日々持って帰っていただくことを目標にしています。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック