岩崎の部屋<志学ニュース6月号より>

画像
汗ばむ陽気になってきました。5月、6月は高校入試の説明会が各学校で開催されていて、高校回りをしています。先月にも書かせていただきましたが、最近は体を動かすようにしているので、この高校訪問も都内であれば、出来る限り自転車で行くようにしていて、足をパンパンにさせながら回っています。適度な運動をして、健康に気をつけなければと思うこの頃であります。

高校訪問で得た情報を皆様にお伝えする場を今月も頂きました。5月18日の日曜日に中1・2生保護者様対象の説明会を行い、日曜日の午前中にも関わらず、お集まりいただき本当に感謝です。最近、より思うようになったのですが、当たり前の事かも知れませんが、保護者様はお子様のために自分が出来ることをやろうと、影で本当に動かれていて、素晴らしいと思うと同時に、親の有難さをしみじみと感じています。説明会後は皆様と歓談する時間がありまして、皆様のお子様のお話になっていました。思春期に差し掛かってきて、家庭ではどんな様子であることや、お子様の性格についてなど、心配事や嬉しいことは尽きませんね。自分も親にされてきたことなのだと思うとともに、これから自分もしていくことなのだと思うようになっています。

毎月行っている茶話会でもそうですね。ここでは子育てにおける様々な悩みや、嬉しいこと、これまで経験してきたことなど話が出てきます。全て子どもが話の中心テーマです。親の生の気持ちがダイレクトに行き交う場となっています。皆様のそれぞれの経験がまた聞く皆様の経験になっていきますね。今月の茶話会では、新さんよりこんなコメントがありました。「私は子どもにしてあげたことがこれから子どもから返ってくるとは思っていないの。期待もしていないし。私たちも親からされてきたことだから、それを自分も子どもに同じことを返してあげるだけ。だから子どもたちはまた自分の子どもにしてあげればいいんじゃないかな。」と。

塾長もよくおっしゃっていたことを思い出します。社会の流れでは上のものは下のものに。そしてそれを受けた下のものはまたその下のものに返してあげる。それが社会の基になっている、と。まさにそれですね。そのことを聞いた私は、そのころ先輩からおごってもらったり、よくしてもらったりしたことは常に後輩に同じことをしようと思って後輩に返していました。そして後輩に生意気に「同じことを後輩にしてあげろ」みたいなことを言っておりました。恥ずかしや。

子育ても同じなのですね。私はこれまでに返しきれないことを両親からしてもらってきました。そのことをこれから子ども返していく番なのですね。
しっかりと自分の健康を維持して、全力で返していきます。
皆様たくさんのご支援をありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

5月の岩崎でした。


人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック