ワールドカップに思う

画像
ワールドカップが始まりました。サッカーにそれほど興味のない私もガンバレニッポンになるから不思議ですね。

コードジボワール戦を日曜日に見られた皆さんも多かったかと思います。私も見ました。勝つといいなあと思いなあと思いながら見ておりました。

そして以前出たときとは格段に日本選手が海外で活躍されていることを知りました。世界レベルなんですね。
中田選手がいたときは周りの選手と格の違いを感じましたし、中田選手の予想したところに人が動かなかったことを思い出しました。

しかしいまや本田選手をはじめ海外で活躍されている選手は「あうん」の呼吸とは言わないまでも考えていることがプロのレベルでわかるまでなっているのではないかと思えるところがありました。

日本国民もそれを知っていて前回より上を望む中でのプレーですからプレッシャーも相当なものだと思います。

コートジボワールのドラクワ選手の導入から流れがかわりました。日本も長谷部キャプテンが変わった時点で流れが変わったような気がしました。

ドラクワ選手はサッカーを通して国民的な英雄だということ。彼がピッチに入った瞬間から周りの選手の動き、勢いが変わりました。彼の一声一声が周りの選手を奮い立たせ得点につながったのではないでしょうか。

日本の長谷部キャプテンは誰からもキャプテンを認められた存在だということを聞きました。監督から360度キャプテンだといわれたとか。素晴らしいことです。

二人に共通していることは自他ともに認める技術はさることながらその言葉一つ一つに奮い立たされるものがあるからではないでしょうか。その言葉を素直に受け入れれれる何かがあるからではないのでしょうか。

もちろん実績があることはもちろんですが、やはり人間性ではないでしょうか。周りが尊敬できるものをその生き方の中で示せるものがあるからではないでしょうか。

その根底には人のためにどれだけ動いたかを周りの人が知っているからこそその存在を認めているような気がします。

人間性は培われるものです。それは与えられた環境の中で自分で作るものです。尊敬されようとしても尊敬されるものではありません。人間性は自然に自分の中から醸し出されるものです。

自分を成長させるのは自分なんだなあと改めて思いました。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック