講習の風景 中3編

画像
朝から夕方まで中3生の講習は続いています。そんななか飯倉講師からうれしい報告がありました。中3生の一部男子が授業の前に早く来て掃除をしているというのです。そして授業終了後も掃除をして帰っていることを聞きました。今年の中3生もやるじゃないかと思いました。

受験生が掃除をするのが志学の伝統のようなものですが、強制はしたくありません。やらされる掃除はやらされた掃除にしかならないからです。そこから得るものは何もありませんし何も生まれません。

受験生が一番長時間使いますし、なかなか掃除をする時間は終了時にしか取れません。先日、高3生は昼休みに自分たちが使っている部屋をはじめ高等部の部屋の掃除を始めました。

机の中からジュースの空き瓶が出てきました。僕らではありません。とお決まりの返答が出てきます。それはわかっています。しかし志学では先輩の姿を後輩が見ている。後輩のごみを先輩が掃除をしたら後輩はどう思うだろうかということを教えます。

また、掃除は「自分が気が使に事に気が付く」という話をしています。それをただお題目のように唱えてはだめです。つまり自分にとって今何が足りないのか、そのために何をしなければならないのかを気が付く必要があるのです。

これは大学生の講師陣にもよく言ってきたことです。自分のやってみたいことが見つからない、決まらないことはよくあることで、自分の特性はないかを考えながら自分の気が付いていない自分を探しその延長上に職業を見ていきます。

中3はどういうきっかけで掃除を始めたのかはわかりません。しかし講習中、毎日続いています。前の日に飯倉講師がここを掃除しないとなあと言っていたところを飯倉講師よりも先にやり始めていたとか。大したものです。

あの飯倉に反発していたYくんが率先してやっているというから不思議です。「何が起こったんでしょうか?」と不思議がらう飯倉講師。

しかし確実に彼らの中で何かが変わったのです。おそらく今後の試験でのミスが少なくなることと思われます。

塾長

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック