周りの合格祈願の漫画を描いた生徒 北区 荒川区 学習塾 志学ゼミ

画像
授業終了後、白板に漫画を描くのを楽しみにしているSちゃんがいます。実にうまいなあといつも感心しています。

2月上旬、みんなが受験に行き、Sちゃん自身も3日に受験をしました。試験が終わった翌日、3Fの部屋に漫画が描かれてありました。そこにみんなが郷学するようにという趣旨のことが書かれてありました。そして感謝の言葉「ありがとう」。いい絵だなあと思い写真を撮りました。感動がありました。

受験というのはともすれば自分が受かればということになりがちです。もちろん受かりたい、受からせてやりたいと考えることは当たり前のことです。

ただ、自分がどうなるかわからない時に、みんなの合格を考えていたというのはなんだかうれしくなります。

文章をまとめる、内容に即して自己の体験を踏まえて書くという練習を最後までやり続けてはいましたが、Sちゃんは模試でも絶対合格圏内にあるという生徒ではありませんでした。

私は「今持てる力が出し切ればいいんだよ」という話を伝えていました。

試験後、「やるだけのことをやった」という満足感は感じていました。「私は落ちても泣きませんよ」という言葉が印象的でした。

自分が合格していない時、仲間の合格を祝う姿もすがすがしいものを感じます。

そうなんです。「人の合格を祝っていると自分に回ってくるのです」

Sちゃん見事、白鴎中に合格。おめでとう!

志学ゼミの伝統は自分の知らない先輩、後輩が合格しても「よかった。すごいなあ」といって拍手をします。

今日も誰かの合格を誰かが喜ぶ。そんな日々が続いています。

塾長

http://shigakuzemi.info/
人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック