中学2年生の授業から、「book」の複数形は「books」なのに、「man」は「men」なのですか?

画像
北区、荒川区の学習塾の芳賀です

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。


新中学2年生は今回の学年末試験の結果も非常に高い点数でした。

ほとんどの生徒が英語の点数を90点以上獲得しています。この学年の英語の能力はかなり高いものになっています。
新中学2年生の点数が取れている秘訣は普段のルーティングがしっかりと進められていることと、授業中に鋭い質問が飛んでくるからです。好奇心が強いのです。

この前1年生の復習項目の「複数形」を進めている時でした。

生徒:「先生、どうして、「book」の複数形は「books」なのに、「man」は「men」なのですか?」

私:「これは鋭い!なぜか。それは重要なものだからです。「S」が名詞につくのは複数形の合図です。しかし、「S」がつかないものは他と比べて重要なものだからです。例えば、「man」「woman」「child」は変化が「men」「women」「children」となる。これは男性、女性、子供がとても重要なものだからです。この世の中に男性、女性、子供がいなくなったら世の中が終わりだからね。特別な変化をするわけ。他には「tooth」歯は「teeth」、「foot」足は「feet」のように変わる。これも足がなくてはどこにも行くことが出来ない、歯がなければものを食べることが出来ないから死んでしまうよね。だから特別な変わり方をするのだよ」

と伝えると納得をしてくれました。
 
 知的好奇心が満たされるとその後の学習の意欲がよりわきます。私も一生懸命にみんなの質問に答えるのでみんなも勉強を頑張っていきましょう。

芳賀




田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック