小5国語 見直しって大切です

画像
冬期講習の最後に受けた進研模試は非常に素晴らしい出来でした。100点が2名出ました。

これはまだ自己採点ですが、満点は非常に素晴らしいです。1問の間違いも無いということはそれだけ集中をして、見直しを繰り返し本気で試験に向き合っている姿勢がうかがえます。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの芳賀です
田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの[[合格実績 http://shigakuzemi.info/results/index.html]]、[[成績UP実績 http://shigaku-zemi.at.webry.info/201505/article_18.html]]はこちらをご覧ください。

小学校5年生のクラスの国語の平均点数は91.1点でした。ついに90点以上を取るようになっています。点数が取れるようになった要因は以前志学ニュースにも書いたように漢字と語彙の勉強を繰り返し行ってきたことになります。

この進研模試の大問①②③は漢字と語彙の確認をする部分が40点~50点ほどあります。そのため漢字の学習と言葉の達人のテキストをしっかり進めていると点数が見えてきます。

小学校5年生の漢字学習はとても素晴らしく、進行の早い生徒はすでに漢字検定が3級を進めています。4級を進めている生徒が4名です。競い合うように漢字の勉強を進めています。

これに加えて点数アップの要因に挙げられるのが「読解力の精度が上がっている」ことです。すでにステージⅠ(入試レベルの問題集)を終了し、ステージⅡに入っています。

この中の文章はしっかりと読めるようになっていますし、分からない語彙も無くなってきています。もう1つのテキストに思考力というテキストがあります。このテキストの中には文章を要約するという問題があります。

この要約を作れるようになっているのがとても良いことです。問題文を読み内容を要約する時には必ずキーワードになるものがあります。そのキーワードが抜き出せて文章を作れるようになりました。

文章を作るときには「誰が」「いつ」「どこで」「何をした」を入れるように指示をしてあります。それを字数制限の中でまとめて正解になるように作っていきます。これを多くの生徒が出来るようになってきました。

12月から始めた英語の学習に小学校5年生は夢中になって取り組んでくれています。進行の早い生徒はすでにL5を読んでいます。

小学校6年生になる前に中学1年生の教科書が終了するかもしれません。この時期から英語の読み訳、速読、暗記を繰り返すことが重要です。

特に速読は何回も繰り返すことが重要です。2月からは英語の音読に加えて英単語の書きの練習も加えていきます。単語を書くことと読むこととに比べて苦手とする生徒が多いです。

学校の試験、入試は筆記試験がほとんどです。これからたくさんの単語を書くことになります。ノートが真っ黒になるまで勉強をしていきましょう。

2月の授業が終了して3月になると塾では小学校6年生の扱いになります。受験をする生徒は受験生になります。気持ちを引き締めて勉強に向かってくれればと思います。頑張っていきましょう。

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
・[[小学生クラス http://shigakuzemi.info/primary/index.html]]、[[中学生クラス http://shigakuzemi.info/junior/index.html]]、[[高校生クラス http://shigakuzemi.info/senior/index.html]]のご紹介
・[[教室長からのメッセージ http://shigakuzemi.info/greeting/message01.html]]はこちらからご覧ください。
・[[無料体験の受付 http://shigakuzemi.info/free-trial/index.html]]はこちらから。
・[[保護者の皆様からの声 http://shigakuzemi.info/voice-guardian/index.html]]もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック